Sahil Lavingia
Gumroad

Pinterestの19歳のデザイナーが起業して110万ドルを調達―Gumroadはリンクから支払いができる画期的サービス

次の記事

企業がメールを削除する唯一の理由は証拠隠滅

Screen Shot 2011-12-14 at 7.03.19 PM

最近、大いに話題になっているGumroadはPinterestとTurntableアプリのデザイナー(なんと現在まだ19歳の大学ドロップアウト)、Sahil Lavingiaが単身で立ち上げたスタートアップだが、今日(米国時間3/11)、110万ドルのシード資金の投資を受けて正式にローンチされた。

投資家はAccel PartnersChris SaccaMax LevchinSV AngelJosh KopelmanSeth GoldsteinNaval RavikrantCollaborative FundDanny Rimer.らの有力ベンチャーキャピタリストだ。

GumroadはFacebook、Twitterを利用してサインし、フォームに収益化したいコンテンツのURLを入力するだけでよい。コンテンツはブログ記事、Spotifyのプレイリスト、Instagramの写真、iPhoneアプリへの招待、調査レポート、その他なんでも思いつくままだ。

Gumroadは希望の料金、購入にあたってメールを必要とするか、サムネールその他の写真をアップロードするかを尋ねてくる。

Bit.lyのようなURL短縮サービスに支払い機能が組み込まれたサービスと考えることもできる。Gumroadによる購入リンクは非常に簡単にFacebookやTwitterで共有できる。また Biit.ly風のシンプルなトラフィック解析機能によってアクセスや購入の履歴を調べることができる。

Lavingiaは「FacebookとTwitterはさまざまな取引のためのマーケットないし店舗になれると思う。Gumroadは10億ドル級の安定して運営可能なビジネスに成長できる可能性が十分あると考えている」と述べた。Gumroadはこれまでのオンラインでのコンテンツ配布方式に大きな革新をもたらすものだ。たとえば、Twitterで膨大なフォロワーを持つKanyeやGagaのようなアーティストが仲介者を通さず直接フォロワーにコンテンツを販売することを可能にする。

TCTVのインタビューで彼は「ストア・モデルはもう時代遅れだ。誰もが自分のフォロワー、ページのファンにTwitterやFacebookで直接呼びかけることができる。しかし今まではファンに対してコンテンツを直接販売するチャンネルが整備されていなかった」と述べている。

オンライン売買サービスは、Koutの場合もそうだが、取引の安全を確保するため クレジットカード業界セキュリティー基準を厳密に遵守する必要がある。このためLavingiaはハードウェア監査の専門家によるサーバのチェックも受けている。支払いサービス業者としては詐欺や不正を防ぐことが最大の優先事項なのはもちろんだ。

Gumroadは取引毎に取引額の5%と30セントの手数料を得る。Lavingiaの目標はソーシャルネットワーク上でGumroadのリンクが「誰にもそれと知られる」ようになり、クリックされるようになることだ。

「5年前にはこういうサービスはまったく不可能だった」とLavingiaは言う。Twitterがすべての人々に自由な発言のチャンネルを与えたと同様、Gumroadがすべての人々にオンライン、ないしオフラインでさまざまなプロダクトを販売する力を与えることになるかもしれない。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+