iCloudはDropboxキラーではない(それ以上だ)

次の記事

タッチデバイス向け教育アプリのスマートエデュケーションが1億円を調達

今日(米国時間2/16)発表された次期バージョンOS X ― OS X 10.8、別名Mountain Lion ― で、AppleはiCloudサービスをいっそう深くオペレーティングシステムに統合した。もはやクラウドに文書を保存できることは特別な付加価値的ではない ― OS自身の一部になろうとしている。クラウドもドライブの一つです、とAppleが言っているかのように、クラウドに保存することはデスクトップのドキュメントフォルダーに保存するのと見た目も変わらなくなるに違いない。

このアイディアは、もちろん新しいものではない。Dropboxなどのスタートアップが今既にやっている ― 一見普通に見えるが、どのマシンからでもアクセスできるドライブを作ること。表面的にはiCloudを「Apple版Dropbox」と呼びたくなるが、真実はもっ複雑だ。それはコンピューター利用の新しいパラダイムを作っているとも言える。

Mountain Lionの新しいiCloud統合を試してみた。ファイルは複数の場所 ― 例えば、MacとiPadとiPhone ― で開くことができ、内容が変更されるとほぼ瞬時に、三つのデバイスでリアルタイムに反映される。通知を待ったり、ファイルを再読み込みする必要はない。自然にそうなるだけだ。すぐに思ったのは、iCloudが急速にApple独自の改良版Dropboxになりつつあることだったが、これはGoogle Docsや、さらには長年噂のGoogle Driveの強力なライバルになるかもしれない。

しかし、Googleの哲学はファイル作成自体をクラウドへと移行することだ。オンライン版オフィススイーツはデスクトップ版と同じでないにせよ「十分」使える。そしてその「十分」故の使いやすさが勝つこともある。ほぼ正反対の見解をとるAppleのiCloudはその逆を行く。クラウドの能力を、機能豊富でより堅牢なネイティブアプリに持ち込もうとしている。iWorkのオフィスアプリだけでなく、APIを利用すればどんなアプリでもiCloud対応にできる。現時点ではサードパーティー向けiCloudのサポートは限定的だが、いずれAPIが改善されるだろう。究極的には、Appleプラットフォーム(デスクトップでもモバイルでも)上のあらゆるアプリが、別のマシンとデータをやりとりできるようになる。

クラウドへの移行をシームレスにするために、AppleはiCloudをOS X新バージョンの奥深く「開く」と「保存」のダイアログボックスに直接組み込んだ。Mac Storeアプリはローカルファイルシステム、iCloudどちらへもすぐに保存できるようになる。iCloudはファインダーにも組み込まれ、アプリ別にソートされたファイルのリストがリアルタイムに表示される。さらにこのファイル管理には、iOS風味付けがなされていて、例えばファイル同士をドラッグ&ドロップするとフォルダーが作られる。背景さえもiOS画面に似ている。

AppleのiCloudは、改良版Dropboxを目指しているだけではない ― あらゆる物を同期させようとしているのだ。メール、連絡先、カレンダー、リマインダー、ブックマーク、メモ、写真、アカウント等々。

今のところ、エンドユーザーから見たiCloudは、「iCloudに保存しますか?」という選択肢に代表される通り、インターネット上の場所である。まるでiCloudが単なるオンラインストレージであるかのようだ。しかしこれは、われわれが慣れ親んだ世界 ― 物理的ハードディスク ― と、クラウドの中の未来を繋ぐ、束の間の段階のように感じる。クラウドをシンプルに見せようするあまり、iCloudの本質が正確に伝わっていないのが皮肉だ。実際このクラウドは、「空のハードドライブ」(MicrosoftはSkydriveさんどうも)ではない。それは、どこでどのデバイスを使っていても、一つのコンピューター環境を維持するための仕組みなのである。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

“iCloudはDropboxキラーではない(それ以上だ)” への9件のフィードバック

  1. Nanashi より:

    >クラウドをシンプルに見せようするあまり、iCloudの本質が正確に伝わっていないのが皮肉

    まさにそう思う。Googleの場合はなにがどうあっても所詮はネット上のものであるのに対して、Appleのそれはネットとかローカルとかいった垣根も無視してまさに「どこにでもある」というレベル。

    どのデバイスであるかは関係なく(とはいえ”Apple製の”という囲いは入るけど)自分の慣れ親しんだ環境がまさしくどこにでもあるっていうのはこれは驚異的なことだと思う。

  2. 原としみつ より:

    最初にiPhoneを手にしたユーザーは、これを当然と思うのでは?
    そうすると、これが出来ない環境へのスイッチは躊躇するようになる。
    ネットワーク効果とスイッチングコスト増大の効果がありそう。

  3. Takeda より:

    なんかマンセー発言キモいな。物事を比較検討でしか語れない人は可哀想だと思う。ライフスタイルが違えば求めるものも違うんだけどな

  4. Sadf より:

    この記事キムチくさい

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中