npd
mobile pc

モバイルPC出荷台数で依然Appleがトップ、ノートではHP(NPD調べ)

次の記事

ビッグデータ分析によりページをリアルタイムで“個人化最適化"するBloomReachはSEO/SEMの未来形だ

apple-logo0508-450x450

パソコン産業は衰退中だ―しかしタブレットを含めればそうともいえない。大手市場調査会社、NPDが発表したデータにはタブレットが含まれているので、Appleが依然モバイル・パソコンのトップ・メーカーとなっている。

同社によれば、Appleは2011年第4四半期に2340万台近いパソコンを出荷 している〔全世界ベース。以下同じ〕。対前年同期比で128のアップだ。2011年通年では6280万台の出荷で対前年比132%のアップ。

もちろんこの数字にはiPadが含まれている。2位以下が大きく引き離されているのはそのためだ。Appleは1870万台のiPadを第4四半期に出荷している。これはAppleのモバイル・パソコン全体の80%に当たる。モバイル・パソコンの出荷は4840万台で、前年比183%のアップだった。

モバイル・パソコンでのAppleのシェアは26.6%、2位のHPの3倍の出荷台数だ。

HPは2011年第4四半期に870万台を出荷し、シェアは9.9%だった。Dell、Acer、Lenovoがこれに続き、600万台から700万台を出荷、それぞれ6%前後の市場シェアだった。

しかしタブレットを除外して話をノート・パソコンだけに限ると状況は違ってくる。.

第4四半期にHPは870万台を出荷し、市場シェアで15.5%を確保した。Dellがこれに続いて670万台の出荷で11.8%、Acerが660万台で11.8%で3位に入った。

4位はLenovoで、610万台、10.8%、5にやっとAppleが顔を出し、460万台で8.3%のシェアだった。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+