レビューサイトのYelpが明日IPO、評価額9億ドルで1億ドルの資金調達目指す

次の記事

第二幕がスタートしてヤフーは変化するのだろうか

明日午前(米国時間3/2)、YelpのCEO Jeremy Stoppelmanが7年間待ち続けた瞬間がやってくる。New York Timesによると、Yelpは明日午前、ティッカーシンボルYELPでニューヨーク証券取引所に上場する。

Yelpは、715万株を、1株当たり15ドルで売り出す予定で、このIPOによって約1億0725ドルの資金調達を目指している。この取引は申し込みが殺倒していると言われているが、私が聞いたところによると一部のYelp社員は価格の低さに落胆しているという ― 会社は未だに利益を上げておらず、売上の10倍以上の評価額で取引きされているにも関わらず。

Yelpは2011年に8330万ドルを売上げたが、1690万ドルの損失を出した。

Yelpは、一連の著名テクノロジー企業IPOの4番目となるが、先行したGroupon、LinkedIn、およびZyngaの結果はまちまちだ。業界の巨人、Facebookの大惨事IPOはこの春に予定されている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)