HTML5ゲームパフォーマンス比較:iOS 5はアップデート前からAndroidの3倍高速

次の記事

Facebookの位置API公開によって複数のアプリ間の相互運用性が劇的に高まる

ios-vs-android1AndroidがOperaを抜いて、ブラウザ利用件数の面でトップに立ったらしい。但し、HTML5の話にするならば、どうやらiOSがナンバーワンであるようなのだ。このように主張しているのはspaceport.ioのレポートで、「スマートフォンおよびタブレットプラットフォームにおける世界初のパフォーマンスレポート」(first-ever report on the technology’s performance on top smartphone and tablet platforms)に記されている。

訳注:本記事は7日の新機種発表ならびにiOSアップデート発表以前のものです。

HTML5はFacebookや大手キャリアその他によっても支持され、メジャープラットフォーム上でリッチ・モバイルアプリケーションを動作させるための技術として大いに広まりつつある。登場当初、HTML5はモバイル市場におけるAppleのリードにブレーキをかけるものだとする主張もあった。しかし今回spaceportから提出された「PerfMarksレポート」によれば、iOS搭載機とそのブラウザ(iPhone、iPad、そしてSafari)は、画面上の動画レンダリング能力の面で、ライバルとなるAndroid機を圧倒しているのだそうだ。

Spaceportは、HTML5で実装されるゲームのパフォーマンスに関する客観的な機種間ベンチマークを測定方法を確立し、HTML5コンソーシアムにおける標準として採用させたいと考えている。基準ができることで業界標準と比較することができるようになるし、また開発者も機種間のパフォーマンスデータを簡単に比較することができるようになる。Spaceportのテストは、各デバイスにおいて画像を30フレーム毎秒(fps)で動かしてみるというものだ。30fpsの速度でいくつのオブジェクトを画面上に描画できるかをテストしている。30fpsという速度は、私たちが日常的に馴染んでいる速度だ。

そしてテストの結果、iPhone 4SおよびiPad 2が非常に高い得点をあげた。それぞれ200個および300個のオブジェクトを30fpsの速度で動かすことができた。この結果からみればiPad 2がHTML5によるゲームないしアプリケーションのパフォーマンスで最高の成績を挙げたということになる。調査対象のAndroidデバイスはいずれもこの成績に太刀打ちできなかった。

レポートによれば、Android Galaxy Nexusのみが、HTML5で利用可能な描画方法の全において「1つ以上」のイメージを扱うことができた(平均では100だが、2つの描画方式で突出した値を示し、それが平均に影響しているに過ぎない面もある)。そしてDroid 2など、他のAndroidフォンについては30fpsではひとつのオブジェクトを動かすのに精一杯という状況だったようだ。Androidにとっては残念なことだが、Droid 2などはテストした最も古いiPhone(3GS)にも劣るという結果になってしまったようだ。ちなみにiPhone 3GSは30fpsで53個のオブジェクトを動作させることができた。

さらに、Androidタブレットはハードウェア面でなかなか強力な機種もあるにはあるが、ほとんどの機種の動作は満足から程遠いものとなっているようだ。そこそこに動作しているのはGalaxy TabとAsus Eee Pad Transformerの様子。但し好結果を出している項目はあくまでも限定的で、テストではcss3dbackgroundとcss2dimgにおいてのみではあった。

全体としてまとめると、レポートでは双方OSの最新版であるiOS 5.0およびAndroid 4.0で大きく性能面での向上が見られると結論付けている。画像を動かす能力についてみると、双方ともに前のバージョン比で100%の性能向上が見られる。Androidにとっては嬉しいことにIce Cream Sandwichになって、AndroidもそこそこにHTML5の動作パフォーマンスが期待できるようになったとされている。但し、Android 3.0についてはネガティブな評価と鳴っている。

「HTML5はAndroidおよびiOSの最新版で快適に動作するようになりつつあります。これはもちろん喜ぶべきことですが、まだまだ成すべきことは山積みです」と、spaceport.ioのファウンダーであるBen Savageは述べる。

詳細な情報が必要な方は、spaceport.ioのホームページや、レポートを確認してみて頂きたい。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)

“HTML5ゲームパフォーマンス比較:iOS 5はアップデート前からAndroidの3倍高速” への2件のフィードバック

  1. ソーシャルゲームを作っている友人から聞いた話によると、現在のAndroidのブラウザはバグが多すぎるらしい。パフォーマンスも問題だとすると、はやくChromeの正式版を出して欲しいところですね。

    • 匿名 より:

      HTML5ゲーム、というよりは、インタラクティブな動作を使ってユーザーエクスペリエンスを確実に構築する必要があるサービスにおいては致命傷ですね。せめてtouchEventを正しく拾いたい…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在391人フォロワーがいます。