patent trolls
lawsuit
IBM

Facebook、IBMから特許750件を買収―Yahoo!からの訴訟に防衛体制を整える

次の記事

Facebook写真がフルスクリーン、高画質になった(当面ChromeとFirefoxのみ)

FB vs Troll 2

Bloombergによれば、Facebookは特許トロル避けにネットワーク関連の特許750件をIBM から取得した。Yahooがこの750件の特許に含まれるテクノロジーを使っているとすれば、FacebookはそれをYahooが起こしている特許権侵害訴訟における有力な武器として用いることができる。

この特許ポートフォリオの取得成功でFacebookが直面する危険は低くなっただろうが、特許トロルYahooが漠然としたソーシャル広告に関する特許を使って他のもっと小さい会社を訴えるのを止めさせることはできない。

Yahooが特許権侵害訴訟を起こして以後、Facebookは株式上場を控えて投資家に不安を与える要素を取り除くため、和解するかライセンス契約を飲むかしなければならなくなる危険に直面していた。もちろん裁判でYahoo特許の無効を争うこともできるが、判決が出るのは上場よりはるか先のこととなり、上場時に投資家をためらわせる材料になりかねない。

Facebookは若い会社なので他のテクノロジー大企業のような巨大な特許ポートフォリオを保有していない。アメリカでは503件を出願して56件が認められたにすぎない。時価総額1000億ドルにもなるといわれる上場を間近にしたFacebookは特許トロルにとって格好の獲物だ。YahooはそこにつけこんでFacebookにとってまさに最悪のタイミングを狙って訴訟を起こした。

IBMからの特許買収によってFacebookの保有するアメリカでの特許は800件以上となる。交渉が決裂すれば目には目を、で特許権侵害訴訟で反撃が可能となる。巨額の和解金を支払ったり上場後の株価に悪影響を与えたりせずにすむかもしれない。

IBM特許は他のYahoo以外の他の特許トロルを追い払うのにも有効だろう。Facebookは昨年22件の特許訴訟を起こされている。一部の件では和解金を支払うことを余儀なくされているようだ。ちなみに、今回の特許の売却でIBMの特許上の立場が弱まる心配は皆無だ。IBMは昨年1年間だけで6180件の特許を新たに取得している。特許権売却はIBMにとって有力なビジネスだ。2010年にはIBMはGoogleに 1000件の特許を売却している。

テクノロジー業界の多くは今回の訴訟でYahooに強い懸念を抱いている。関係者はこうしたパテント戦争の軍縮を望んでいるが、実態は相互確証破壊戦略による軍拡レースとなっているようだ。Facebookは今回の特許ポートフォリオの取得に巨額の資金を投じたはずだ。Facebookのような資源を持たないスタートアップにはその真似はできない。次にYahooが狙う標的はそういったスタートアップかもしれない。

〔トロルとはもともと北欧神話に出てくる山奥や地下の洞窟に住んで人間に害を与える醜い小鬼の意味。〕

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中