ニュース閲覧を「ゲーム」化するScoople(iPhoneアプリケーション)登場

次の記事

Pairは二人だけのためのiPhoneアプリ

scoople screenshotニュースジャンキーで、さらに面白くニュースを見て回りたいという人に朗報かもしれない。iPhoneアプリケーションのScoopleというのがなかなか楽しませてくれそうだ。

アプリケーションをリリースしたのはDygestというスタートアップだ。アプリケーションを立ち上げると画面にニュースが表示され、いくつかのニュースでは「投票」を行えるようになっている。たとえばiPadの高精細ディスプレイに関する記事には、iPadのプレオーダーを行ったか否かを問う質問に回答することができるようになっていた。そしてこうした質問に回答を寄せる毎に、ポイントが加算されるという仕組みになっているのだ。ちなみに回答は、他の利用者がどのように回答するのかを予測して行うものであり、これまでの「正答率」に基づいたリーダーボードも用意されている。

質問が掲載されて後しばらくすると投票は締め切られ、「リザルト(結果)」セクションに投票の結果が表示されるようになる。また興味深い投票結果についてはインフォグラフィック化されてScoopleのブログに投稿される。

Scoopleでは、多くのニュースサイトを閲覧して、自動的にまとめ記事を生成してScoopleに掲載している(もちろんオリジナルの各ニュースに対するリンクも掲載されている)。その記事を見てScoopleチームのメンバー(ジャーナリズム専攻の学位を持つものもいる)が、投票用の質問を作成しているそうだ。

実はこのScoople、立ち上げは昨年のことだった。しかしスタートしてからなかなか表立った動きがなかったのだ。CEO兼共同ファウンダーのAlain Mayer曰く、ビジネスモデル的にはいろいろと考えなければならないところがあるとのこと。サイトに集まる膨大な投票データを活用していきたいと考えているそうだ。

ScoopleはiTunes Store内こちらよりダウンロードできる。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)