プログラミング知識ゼロでマルチメディアFLASHサイトが作れるWixがHTML5版をローンチ―モバイルウェブにも対応

次の記事

宇宙に飛び出したAngry Birds Space、3日で1000万ダウンロードを記録

Free Website Builder | Create a Free Flash Website at Wix.com

スモールビジネスの経営者を始め、ズブの素人でもFlashを使ったサイトがすぐに作れるということで人気を呼んでいるWix.comが、同様の機能を持つHTML5版をローンチした。

WixはFlash版ですでに多数のユーザーを集めた実績があるから、HTML5の普及にとっても非常に強力な追い風だ。

Wixでは毎月100万人以上が新たなユーザーとして登録し、サイトを制作をしていると発表している。WixプラットフォームにはFlashサイトだけでなく、モバイル・ウェブに最適化されたサイトの制作ツールも含まれている。共同ファウンダーでCEOのAvishaiAbrahamiが私の取材に答えたところによれば、Wixプラットフォームで制作されたサイトへの月間ユニーク訪問者はすでに2億に達しているという。

今回の新しいHTML5ビルダーではドラグ・アンド・ドロップとテキスト入力だけでサイトが作れる。Abrahami は「いわば『サルでもわかるHTML5』のツール版だ。テンプレートのすべての要素について属性を編集したり要素を入れ替えたりするツールが用意されている。ユーザーに要求される技術的能力はマウスの動かし方とボタンのクリックの仕方だけだ。HTMLにせよ何にせよコーディングの知識はゼロでよい。使い勝手としてはパワーポイントみたいなものだ」と使いやすさを強調した。

ユーザーは50種類のテンプレートから選べる。自分で独自に作ってもよいが、これにはもちろん多少のスキルが必要だ(でなければいくらか投資して誰かに頼んでもよい)。Wixの利用料金は月額4ドルから16ドル程度だ。

Wixが狙っているのは巨大なモバイル市場だ。現在のモバイル市場ではアプリが全盛だが、モバイル・ウェブサイトも急速にトラフィックを伸ばしている。

ロケーション情報やデバイス内蔵のカメラを利用しようとするような場合はアプリによる他ないが、HTML5で制作されたオールインワンのモバイル・ウェブサイトの方が有利な場合が多い。Abrahamiは「われわれはHTMLのDIYプラットフォームとしては最初のものだろう」と述べたが、もちろん今後は類似のサービスが続々と現れるだろう。

Abrahamiによれば、この時点でHTML5をリリースすることにした大きな理由は市場におけるブラウザ・シェアの変化だという。昨年に入ってMicrosoftのIE7のようなHTML5をサポートしない古いブラウザのシェアが急速に低下し、Firefox、Chrome、Mac版、iOS版のSafariが市場の主流を占めるようになった。「これでゲームのルールが根本的に変わった」とAbrahamiは言う。

Abrahamiによれば、Wixのプラットフォームで制作されたウェブサイトは60万、Facebookページは45万になるという。

Wixは2008に創立され、昨年4000万ドルのベンチャー資金をInsight Venture Partners、DAG ventures、 Benchmark Capital、Bessemer Venture Partners、Mangrove Capital Partnersなどから調達している。今日のHTML5プロダクトのリリースで成長は一層加速しそうだ。

Wixは現在、黒字化を目前にしているが、事業拡大をさらに加速するために今年さらに資金調達ラウンドを計画しているという。「当面われわれは損益計算よりもプロダクトの拡大を優先している。できるだけ多くの人々にできるだけ豊富なウェブサイト構築機能を提供していくのがわれわれの目標だ」とAbrahamiは語った。

〔日本版:詳しくテストしたわけではないが、テキストに日本語は表示できるようだ。〕

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+

“プログラミング知識ゼロでマルチメディアFLASHサイトが作れるWixがHTML5版をローンチ―モバイルウェブにも対応” への1件のコメント

  1. たるー より:

    getting-startedを見る限りでは、BiNDとかiWebみたいなテンプレート型ウェブページ製作ツールだと思う。
    月額制ということは、ウェブサーバーがWixサーバーしか選択できないのかな。
    もしそうなら、Lolipopのホムペロリと同じだと思うし、
    とくに目新しい物ではないと思う。
    まあ、ユーザーインターフェースが違えば使い勝手が違うわけで、それによって使いやすい使いにくいと感じる個人差も出てくるけど。

    文字コードがUTF-8に対応していたら、メニューなどが英語かどうかだけの問題のはず。
    昔の英語版ソフトって、metaタグでcharset指定が入らないことが多かったんですけどね。
    編集中は良くても、ブラウザで見たら文字化けしまくりです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在394人フォロワーがいます。