like button
april fools

Facebookが「ヤダネ!」ボタンを検討中

次の記事

Snapguide:簡単リアルタイムなハウツーガイド制作ツール、iOSアプリケーションとしてデビュー

2010年にTechCrunchは、Facebookが「いいね!」ボタンをインターネット全体に拡大するというニュースを報じた。このたびTechCrunchは、Facebookが「ヤダネ!」(Hate)ボタンを検討中であるという情報を得た。

FacebookのS-1申請書類によると、現在同サービスでは毎日27億回の「いいね!」およびコメントが付けられている。「ヤダネ!」ボタンの導入により、Facebookはこの数字を少なくとも倍増できると見込んでいる。S-1には、「レディー・ガガ、ディズニー、マンチェスター・ユナイテッド等の人気facebookページでは、毎日2000万回の「いいね!」が付けられている」と書かれている。社内の多くが「ヤダネ!」は容易にこれを上回るだろうと考えている。

「いいね!」ボタンが最初に登場した時、Mark Zuckerberg大胆にも、24時間のうちにウェブ全体で10億以上の「いいね!」が付くと予言した。Facebookの情報筋によると、Markは初日だけで20億回の「ヤダネ!」が付くと予測している。Facebookの調査によると、人はインターネット上で何かを好きになるより、嫌いになることの方が多いという悲しい事実が明らかにされている。社内ではこのボタンを「Hate」にすべきか「Dislike」にすべきかも議論されている。

あの小さな「いいね!」ボタンがFacebookの収益の大部分を生み出していることを踏まえると、「ヤダネ!」ボタンの導入は、Facebookの評価額はIPOを待たずに上昇させる可能性がある。

すでにFacebookは、「いいね!」ボタンにいつでも変更を加える準備があることを示している。先月、モバイル版Facebookは、2クリックの「いいね!」ボタンを1クリックの「いいね!」バーに置き換えている。

同社は「Fax」ボタンを実験したこともあり、当時もTechCrunchが最初に発見した。

ほかにも “Meh”、”Love”、”Who Cares”、”+11″等のボタンが検討されているが、ボタンの氾濫を心配する向きもある。

本誌情報筋によると「ヤダネ!」ボタンはまた確実なものではない。Facebook社内ではこれについて深く議論が重ねられている。この新機能は「人々が繋がりたい人と繋がり、共有したいものを共有する」というFacebookのミッションと一致している。その対象が大好きであろうと大嫌いであろうと。

製品および営業チームはこのアイディアに賛成しているが、Facebook社員の多くがこれに反対している。その様子は、Robert Scobleの次の言葉が一番よく要約している。「私はヤダネ!ボタンが広く受け入れられないことを切に願っている。世界にはもう十分な憎悪がある」。

FacebookはIPOを控え静寂期間に入っており、本件に関する正式なコメントはない。

【訳注:Hateボタンの正式な訳語は発表されていない】

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

“Facebookが「ヤダネ!」ボタンを検討中” への5件のフィードバック

  1. Awda より:

    だせえ

  2. Relham より:

    時差があるからしょうがないんだろうけど、日付が変わってからエイプリルフール記事が出るのって…w。

  3. 788 Ttk より:

    同じtechつきでもTechPowerupのネタはぎょっとしたわ
    古臭い手だけど・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中