meteor

もうJavaもRubyも要らない?–JavaScriptオンリーの未来派WebアプリフレームワークMeteorがデビュー

次の記事

もっとも良く使われるディスプレイ解像度が1024×768から1366×768にアップ〔日本では1366×768〕

Screen shot 2012-04-11 at 4.25.26 AM

今のWebアプリケーションは、10年前に比べて大きく変わっている。スマートクライアントの時代と呼ばれる今日(こんにち)は、Webアプリとネイティブアプリがさまざまな分散クラウドサービスとコミュニケーションし、しかしその一方でレガシーのインフラも残っている。そしてこのような複雑な環境が、デベロッパに絶え間なく面倒な問題をもたらす。複数のデータセンターにまたがって動くソフトウェア、インテリジェントなデバイスとのコミュニケーション、サードパーティ製の多様なソフトウェアの統合、どれをとっても簡単な課題ではない。

今日(米国時間4/11)比較的ひっそりと立ち上がったスタートアップMeteorは、“今の新しい時代に即した新しいアプリケーションフレームワーク”により、今日のWebアプリケーション開発が抱えるあつれきを大幅に緩和する。同社の会社綱領によると、そのプラットホームは“スマートパッケージ”と呼ばれる適応型のコード集合を基盤とし、それらはクライアント上でもクラウドサービス上でも動き、“今日的な分散環境において自己のライフタイムを管理する”。

現時点のMeteorのチームは小さいが、しかし英才が揃っている。協同ファウンダのGeoff Schmidtは音声指紋(声紋)の発明者で分散Web TVプラットホームMiro最初の作者の一人だ。彼はまた、MixAppの協同ファウンダで、Asanaの初期の社員でもあった。Matt DeBergalisは資金調達プラットホームActBlueのファウンダで運営者。Nick Martinはそのいちばん最近の仕事がMochi Mediaのインフラの構築だが、Schmidtと共にMixAppを創業した人物でもある。そしてDavid GreenspanはEtherpadを作ってGoogleに売り、その後Google WaveとGoogle App Engineを手がけた。GreenspanはAppJetのファウンダでもある。

彼らはMeteorの開発に8か月を投じ、そして今日、ソフトロンチにこぎ着けた。現状のMeteorは“初期プレビューバージョン”で、まだ安定バージョンではない。今後の各リリースで“APIの重要な変更がある”、と同社のWebサイトは言っている。

技術的な詳細は同社のFAQに譲るが、Meteorが基本的に目指すものは、“次の20年における技術変化に対応できる”ような強力なアプリケーションの構築を、大幅に単純化することだ。アプリケーションの開発、ないし、ソフトウェアを書いていくことから苦痛を取り除き、シンプルでエレガントで多くの人にとって使いやすいソフトウェアを作るための、新しいやり方を提供していく。

MeteorはGPLに基づいてライセンスされるオープンソースソフトウェアで、そのプラットホームのv1.0は、“数か月後(ただし1年を超えない)”にリリースされ、“今後のフレームワークの成熟速度は、GoogleやFacebookにも負けない”、と同社は自負している。

MeteorのホームページにはFacebookとAsanaの協同ファウンダDustin Moskovitzや、Posterousの協同ファウンダでY CombinatorのパートナーGarry Tan、Graffiti LabsのファウンダTed Suzmanらが支援の言葉を述べている。いずれも、信ずるに足る言葉だと思える。

中でもとくにTanはMeteorの立ち上げ後のツイートで、“JavaScriptの新時代の到来”と讃辞を述べている:

[from Twitter]

[Webのクライアントとサーバの両方におけるJavaScriptの新時代の夜明けだ。meteor.comは、感動的なテクノロジだ。]

今後の資金調達やスタッフの募集については現時点では不明だが、分かり次第続報しよう。

詳しくはMeteorのホームページ、または下の紹介ビデオを見てみよう:

[原文へ]
[jpTechCrunch最新記事サムネイル集]
[米TechCrunch最新記事サムネイル集]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

“もうJavaもRubyも要らない?–JavaScriptオンリーの未来派WebアプリフレームワークMeteorがデビュー” への10件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    原文のどこにもJavaやRubyが出てこない。捏造するのもいい加減にしろや岩谷!

  2. will iAm より:

    僕のような素人にも、岩谷さんの言わんとすることは、ほぼ、理解できます。 大体、英語をそのまま訳して日本語になると思っているのですか ? そんなことを言ったら、多かれ少なかれ、翻訳者すべての人が間違っていることになる、いや間違っているのでしょう、、、しかし、パーフェクトな翻訳なんてありえないでしょ。

    • yamada tarou より:

      「もうJAVAやRubyもいらない?」とする根拠は全くなく、そもそも代替を狙った物でもなく、編集が勝手につけたキーワードだから捏造と言われるのも当然かと。
      自分だったら「タイトルは釣り」って書くけどね。このほうが正確。

    • 匿名 より:

      日本語版だけ見ると明らかに対立を煽っており、そういう釣りをする人だと思われてしまいます。これは原文を書いたRip Empsonに失礼です。岩谷は「著者の意図」を捏造したのです。

      岩谷は恥を知れ。

    • Yabe より:

       「Meteor: Etherpad Founder & Other Rockstars Team Up To Make Web App Development A Breeze」→「もうJavaもRubyも要らない?–JavaScriptオンリーの未来派WebアプリフレームワークMeteorがデビュー」

      これを「翻訳」と呼ぶんですか? 最近、PV稼ぎのために扇情的な記事を書くウェブメディアが多すぎる。特にTechCrunchは不調が伝えられているし、穿った見方をしてしまうよね、どうしても。

      それは置いても、JavaScriptという言語はこのところ全方位的にケンカを打ってまわっている感じですこぶる心証が悪いですよ。ブラウザのプラグインを締め出してクライアントサイドで独占的地位を手に入れたのが、調子に乗ってサーバサイドにまで侵食と攻撃を開始しているイメージ。ちょっとポール・グレハムのこれを読めと言いたい。

      「いくつかの戦術的なアドバイスをして締めくくることにしよう。私が論じたような大きな問題に取り組みたいのなら、直接正面から攻撃しないことだ。たとえばメールを置き換えるなどとは言わないことだ。もしそのように言ったなら、あまりに多くの期待を持たせることになる。社員や投資家から絶えず『まだできないの?』と聞かれることになるだろう。そして失敗を望むアンチが山ほど現れるだろう」
      (http://www.aoky.net/articles/paul_graham/ambitious.htm)

      特にRubyなど開発者が日本人でしょうに。このタイトル見たRuby関係者の血圧がどうなるか想像しろと。どうせならC++やD言語あたりにまでケンカを売って欲しいね。

  3. たるー より:

    長くなったorz
    サーバーサイドアプリケーションをJavaScriptで作れば、確かにRubyやJava、Perl、PHPは不要ですが、「サーバーの処理が不要」となるわけではないです。

    Node.jsタイプのサーバーソフトと、テンプレートエンジン、jQueryのようなインターフェースライブラリの組み合わせのようですね。
    Java(JSP)のAjaxフレームワークがJavaScriptを考えなくていいような設計と、同じ方針になっていると思います。
    基本的な、ごく小さな動作はAPIだけで完結できるでしょうけど、実用的なものを作ろうとすると、どうしても手作業でJavaScriptを書く必要が有ると思います。
    サーバーの処理とクライアントの処理を一括(APIだけ)で管理するというのは、なかなか難しいと思います。

    JavaScriptの拡張性は、JavaScript関係者にしてみれば期待は大きいと思いますが、サーバーサイドJavaScriptは、JavaAppletやJScript.Net並みの人気度で止まるのではないかと思います。
    Apache用JavaScriptモジュールも、あるのかないのかわからない状態ですし。。。

    JavaScriptで何かを作るのではなく、JavaScriptを扱うアプリ—たとえばPhotoshopやDreamweaverなどのような—を作る必要が有りますから、そういうアプリを作るのは一筋縄ではいきません。
    その中でNode.jsを作られたのはすばらしいとは思いますが、結局、そういうアプリを専門に作っている会社(つまりウェブブラウザベンダー)が中心になると思いますし、どうしてもウェブブラウザ止まりではないかと思います。

    テンプレートエンジンを作ってる身としてはこの設計は参考になります。方針が若干違う所も有りますが。

    • will iAm より:

       こういうコメントは、とても勉強になります。ありがとうございます。

    • will iAm より:

       こういうコメントは、とても勉強になります。ありがとうございます。

    • will iAm より:

       こういうコメントは、とても勉強になります。ありがとうございます。

  4. yuki kurata より:

    タイトルでつられて見てしまいましたが、コメントを読んでなんとなく少し安心しました。

    Javascriptはnode.jsのおかげでかなり注目されているみたいですね。

    それにしても、ソースコードを記述してすぐに(ブラウザのリロード無しに)確認できるのは今のトレンドなんでしょうか。
    つい最近もマリオみたいなゲームをソースコードいじるだけで、ジャンプの高さやスピードを変えるのを見たような気がしますが。
    コンパイル?ビルド?なにそれ!の時代がくるかもしれませんね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中