search engine optimization
millionshort

検索結果の上位はSEOスパムだらけ, とお嘆きのあなた, MillionShortを試してみよう

次の記事

GREE、米モバイルゲーム会社Funzioを2.1億ドルで買収

Screen Shot 2012-05-01 at 10.00.20 AM

最近Googleで、メカジキと合うワインを検索したときは、ひどい目にあった(first world problems*ではあるけど、でもね…)。ある種の話題に関するWebの検索は、結果の中にがらくたがとても多いのだ。なぜそんなのが結果の上位に来るかというと、それはいわゆる”search engine optimization“(SEO)(検索エンジン最適化)と呼ばれる工夫のおかげだ。もちろん検索エンジン側もSEOによるスパムを懸命に撃退しようとしているけど、やつらが裏の裏をかいてしまうこともある。〔*: first world problems, 第一世界問題, 物の潤沢な先進工業国(第一世界)にしかない、ぜいたくな悩み。第三世界の人たちはそれを聞いて驚きあきれる。〕

新しいコンテンツも見つけにくい。だいぶ前に作ったことのある料理を、新しいレシピーで試してみたい。でも、検索結果の上位20ぐらいはつねに、有名な人気サイトばかりで、前に見たものばかりだ。本当に斬新な情報は、どうやって見つけたらいいのだろう?

そういう、よりつっこんだ検索の悩みを解決してくれるのが、MillionShortだ。このサービスは、検索結果の上位100万とか、10万とか、1万とかを削除してくれる。まるで植木の剪定や、スープのアク取りみたいに、Web上の検索から古くて役に立たないものを取り去り、新しくておもしろいコンテンツを見つける助けをしてくれる。

[“ratatouille recipe”(ラタトゥイユのレシピー)で検索(クリックすると拡大)]

このサービスが使っているのはもちろんGoogleだと思われるが、詳細は同社にインタビューできたらまたお伝えしよう。彼ら自身による説明は、こんなふうだ:

“Webの分厚い上層部を全部削り取ったら、その下に何が見えるかな?

毎度毎度、同じ人気サイトばかり見るのには飽きたよね(人気サイトが悪いと言ってるわけじゃないけど)。Million Shortを使うと、検索エンジンの結果の上部に絶対出てこないサイトを簡単に発見できる。SEOが下手だったり、できたてほやほやのサイトだったりすると、どんなに良いサイトでも下の方に埋もれてしまうことがある。今は検索結果の最初の1ページしか見ない人がほとんどだけど、そんなお忙が氏にとっても、Million Shortは便利だと思うよ。”

技術的にはかなり単純だけど、でもアイデアは強力だ。デベロッパのためのニュース集積/ディスカッションサイトHackerNews で、MillionShortの人気が急上昇している: このサイトに関する記事が24時間足らずで200近くもコメントを集めたのだ。たとえばjaems33という人のコメントは、“昔ぼくが、YahooやWebcrawlerやAltavistaなどなどからGoogleに移行したのも、同じ動機からだったな”、と言っている。

ソーシャル検索とか専用アプリも良いけど、でも大きなWeb全体の中からフレッシュなものを見つけたい、という欲求もあるはず。検索という、今やWeb上の“権威”が、その欲求に答えてくれなくても、それをぶち破ろうとするハッカーたちの努力は、いつの世にも健在ね。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))