陪審の評決下る: AndroidはOracleのJava特許を侵害していない

次の記事

初心者向けプログラミング学習のドットインストール、ビデオコンテンツが1000本を超える

android-happy

OracleのGoogleに対する特許侵害訴訟に関して、陪審が審議を開始したのはほんの1週間あまり前だ。みんなが固唾をのんで見守る中、北部カリフォルニア連邦地裁判事William Alsupは、今日(米国時間5/23)の午後陪審を解散した。その直前に陪審団は全員一致で、GoogleのモバイルOSに有利な評決を下した。すなわちその評決は、AndroidはOracleの当該特許を侵害していない、と宣言した。

今月初めには、これとは反対の評決が下されていた。そこでは陪審は、AndroidのAPIの一部がOracleのJavaプログラミングツールに使われているコードに酷似している、と見なした。しかしその時点で陪審は、Googleが公正使用を主張して罪を免れ得るか否かに関して、意見が分かれていた。陪審が意見不一致のままなら、裁判は未決定審理になることもある。

二つの大企業が互いに譲らずに2年間も闘ってきた裁判だけに、今回の陪審の決定は言うまでもなく苦渋の産物だ。Oracleが訴状を提出したのは2010年の8月にさかのぼる。訴状の中で同社は、OracleはSun Microsystemsを買収したことによってJavaのパテントを取得したが、Androidはそのパテントを侵害している、と主張した。Googleは、Androidの開発時点でSunに(Oracleが主張する)特許権が正規にあったとは思われず、それどころかAndroidは、Googleの私権財ではなく誰もが無料で使えるシステムである、と反論した。

審議は三部分から成り、今回の特許侵害問題はその第一幕だ。次の第二幕は、著作権侵犯問題、そして最後の第三幕は、GoogleがOracleに与えた損害の判定だ。しかしこの第二、第三幕には、今回の陪審の全会一致の評決が大きく影響するだろう。Oracleは合衆国特許RE 38,104と6,061,520をはじめ、Googleによる6件の特許侵害を申し立てていたが、そのすべてが否決されたのだ。

前回陪審は、GoogleによるOracleの著作権侵犯を認めたが、公正使用に関して意見が分かれた。したがってOracleが著作権では形式的に勝ったとしても、Googleに求めている10億ドルの賠償を認められるとは限らない。今日の法廷の傍聴席にいた法務記者Ginny LaRoeも、同じ結論をツイートしている。

[from Twitter]

[それに、この裁判はもう終わりよ。Alsup判事は陪審を解散したし、Oracleが勝ち取ったものは何もないから、その時点ですでに、損害案件ももはやないもの。]

ただし著作権をめぐってはまだいくつかの訴件が残っており、その最終判決はAslup判事により来週下される。

アップデート待機中

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中