Pittaaはツイートをフィルターして必要なものを表示してくれるiOSのTwitterアプリ

次の記事

そのフレーズはつぶやいてはならない–Twitter都市伝説の真相を探る

iOSのTwitterアプリといえば多くの人は公式のTwitterクライアントを使っているのだろう。もちろん、EchofonだとかTweetdeckなんかを使っているユーザーもいて、それぞれが使い勝手を競っている。そして、今日また新たにその競争に加わったアプリが登場した。ただ、その機能は強力だ。

PittaaはもともとMutlという名で開発されていたものだが、装いも新たにリリースされている。Pittaaがすぐれているのは、そのフィルタリング機能だ。通常、Twitterのフォロー数を増やすと多数のツイートが流れてきて、ツイートを見逃すことになる。一方で、その多数のツイートの中から自分にとって重要度の高いツイートが見やすくなっていたら、それはそれで便利な筈である。Pitttaaはまさにそれを目指していて、ツイートにhotやlikeといったラベルを自動的に付けることで、全ツイートの中から読んでみたいツイートをピックアップして表示できる。

hotはフォローをしている人がリツイートやお気に入りに登録したツイートが表示される。文字通りフォローたちのホットなツイートを選んだ感じだ。そしてlikeはリプライやメンションでツイートをやりとしている人、ダイレクトメッセージをやり取りしている人、自分がその人のツイートをお気に入りに登録したことがある人のツイートを抽出している。こちらは気になっている人のツイートを選んだものだと言えるだろう。Pittaaを開発したFullerでは、hotで構成されるタイムラインをつぶやきが軸のタイムライン、likeで構成されるタイムラインを人が軸のタイムラインとしている。

もちろん、Pittaaでは通常のタイムライン表示もできる。その中にhotとlikeのツイートが一目でわかるようになっているので、みるべきツイートがわかりすくなっているというわけだ。僕も試してみてはいるが、使っている時間が短いので便利さを実感できているわけではないが、大量に流れるツイートをなんらかの方法でフィルターはしてほしいと思っていたから、これはこれで価値があると思っている。

Fullerは高専出身の若いエンジニアたちが中心になって2011年11月に立ち上げたスタートアップだ。働く8人全員がつくばの一軒家で開発に励んでいることでも知られている。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中