Tim Cook
Apple
AllthingsD

AppleのCEO、ティム・クックがジョブズから学んだこと―「何より大事なのは集中」

次の記事

おめでとう(?!)、Akismet。スパムフィルタリング件数500億件を達成(毎秒700件のスパムコメントを適切に処理中)

photo

AppleのCEO、ティム・クックがAll Things D 2012カンファレンスに登壇してウォルト・モスバーグとカラ・スウィッシャーと対談した。クックがスティーブ・ジョブズの跡を継いでAppleのCEOに就任して以来、公の場でジョブズ後のAppleについて語るのはこれが初めてだ。このインタビューでモスバーグは核心を突く質問をした。ティム・クックがCEOに就任してAppleはどう変わったかの?

「私はスティーブから多くを学んだ。彼が亡くなった日は私にとってもっとも悲しい日だった。彼の死については予め覚悟しておくべきだったのだろうが…私にはできなかった。しかし今は先に進まねばならない」とクックは告白した。

「スティーブについてもっとも尊敬するのはその強い決意だ。彼はいつもレーザーのように集中していた。 ジョブズからリーダーシップについて学んだもっとも重要なポイントは集中がすべてだということだ。会社の経営だけではなく、私生活でもそのとおりだ。人がうまくできることには限りがある」

クックはAppleの卓越性を追求する企業文化について「スティーブはよい、非常によいくらいでは決して満足しなかった。彼が受け入れるのはこれ以上ない最良のものだけだった。私はこのApple独特の文化が変化するのを見たくないし、それを許すつもりもない」と決意を語った

モスバーグがさらに変化した点について質問すると「博物館は好きだが、その中で暮らしたいとは思わない。ジョブズから学んだことの1つは過去に重きを置くな、だった。」と積極的な姿勢を見せた。ジョブズはちょうど2年前にこのステージでインタビューされている。

クックはまた「ディズニーの経営陣は難しい意思決定をするとなるといつもウォルト〔・ディズニー〕だったらこの場合どうしただろう?」と尋ね合っていたと明かした。「スティーブは亡くなる直前、私に『スティーブ・ジョブズだったらどうしただろう、などと考えてはダメだ。自分が正しいと思うことをやれ』と言った」という。

クックはさらにジョブズの哲学的な言葉を引用した。「人生の楽しみはその過程にある。命ははかないものだ。明日が確実に来るなどという保証はない。余計なものは全部捨てろ」。

〔日本版〕 ティム・クックのインタビューの全文はこちらに。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中