Facebookのアプリセンター、今日正式スタート

次の記事

クラウドストレージ向け暗号化サービスのBoxCryptor、Mac版ネイティブアプリケーションもリリース

今われわれはFacebookのプレスイベント会場にいる。もちろん今日リークした新しいモバイルアプリセンターについてだ。殆どの機能は5月の記者発表で明かされているが、おさらいしておこう。これは、ウェブ、iOS、Android、モバイルウェブ等あらゆるプラットフォームに渡ってアプリを探せる集中ストアだ。レーティングや友達が何をプレイしているかよってアプリが薦められる。Facebookが数年前から提供しているお薦め機能に似ている。有償アプリも対象だ。

詳細は続報にてお伝えする予定だが、公式発表は以下の通り。

・ アプリセンターは今夜正式公開され、600以上のソーシャルアプリが掲載される。Nike+ GPS、Ubisoft Ghost Recon Commander、Stitcher Radio、Draw Something、Pinterestなどが含まれる。

・ アプリセンターではひとり一人違う体験をする。自分や友達がどんなアプリを使っている等に基づいてアプリが薦められる。

・ アプリセンターには高品質のアプリだけが置かれる。ユーザーの評価や利用状況にもとづく。

・ アプリセンターはiOSおよびAndroidのFacebookアプリまたは、モバイルでfacebook.comをアクセスして利用できる。
データ:

・ 2.3億人以上の人々が毎月Facebookでゲームをプレイしている。

・ 130以上のゲームが、Facebookで毎月100万人以上のアクティブユーザーを持っている。

・ 4500本以上のタイムラインアプリが、2011年9月のf8カンファレンス以降に公開された

・ Facebookは5月中、Apple App Storeに8300万回人々を送り込んだ。

・ Facebookは5月中、iOSアプリに1.34億回人々を送り込んだ(アプリをすでに持っていてFacebookからそこへ飛んでいった人々)。

・ 5月時点で、iOS売上トップ10中7本、Anroidトップ10アプリ中6本が、Facebookと統合している。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)