%E3%82%AA%E3%83%90%E3%83%9E%E6%94%BF%E6%A8%A9%E3%81%8C%E5%85%A8%E5%9B%BD%E8%B6%85%E9%AB%98%E9%80%9F%28100Gbps%29%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89%E5%8C%96%E3%81%AB%E7%9D%80%E6%89%8B%2C%20Mozilla%E3%81%8C%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%82%92%E9%96%8B%E5%82%AC

オバマ政権が全国超高速(100Gbps)ブロードバンド化に着手, Mozillaがアプリのコンペを開催

US Ignite_logo

オバマ大統領は明日署名する大統領令で、国道上と国有地国有施設におけるブロードバンドネットワークの建設を促進して最終的には利用料金を現行より90%安くすることを布令する。これは、政府の全国ブロードバンド化計画の一端にすぎない。同時に立ち上げる”US Ignite“事業により、今日のインターネット接続の100倍高速な最高度のブロードバンドネットワークを構築し、それを利用する“次世代アプリケーションとデジタル経験”の開発に拍車をかける。この超高速は、Googleが今Kansas Cityで試行しているGoogle Fiberプロジェクトにも類似している。

US Igniteに協賛参加するのはスタートアップ100社と州や市町村、国の省庁、大学、CiscoやHewlett-Packardのようなテク業界のリーダー企業などだ。ねらいは全国的に1ギガビット/秒のネットワークを張りめぐらすことにより、地域と大学を結びつけること。このような新しいネットワークとその上のアプリケーションにより、“国民への行政サービスを改善し、雇用機会を創出し、イノベーションを促進し、国内企業の新たな市場を作りだす”、とホワイトハウスは構想している。そのプロトタイプの制作とテストには、National Science Foundation(国立科学財団)が2000万ドルを拠出する。

高速ネットワークのためのアプリケーション開発コンペMozilla Ignite

以上は非常に大きな目標だが、このような高速ネットワークの利用に関心のあるデベロッパは、MozillaとNational Science Foundationが共催する総額50万ドルのコンペ”Mozilla Ignite“に参加できる。今このコンペは、1Gbpsのネットワークで何をするかという、アイデアを受け付けている段階だ。分野は教育、保健医療、災害予防、公衆安全、高度製造技術、クリーンエネルギー、そして運輸交通だ。優秀アイデアは15000ドル相当の賞金+賞品をもらえる。

次の段階ではアプリケーションを実際に設計して開発する(賞金額も増える)。Mozillaによれば、参加者は“National Science FoundationのGlobal Environment for Network Innovation(GENI)事業(ネットワークのイノベーションのためのグローバルな環境)で開発された先進技術にアクセスできる”。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

あうあう
それでもバカはカツアゲをするし、心の弱い奴はカツアゲされても文句を言わずにカツアゲされ続ける。バカな…
hakujira
確かに引き出し手数料だけではどう考えてもペイしないので客寄せなんでしょうね....。
神崎渉瑠
何度も試行錯誤すればたしかに費用がかかるけど、アイデアを出す人がいるかどうか(見つかるかどうか)が大…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 146 other followers