Samsungは7月中にGalaxy S IIIを1000万台販売と予想―Sprintは品薄で発売を延期

次の記事

Facebookにモバイル新機能―Find Friend Nearbyでパーティーで会った相手をその場で友だちにできる〔アップデート:消えた〕

IMG_5273

Galaxy S IIIは予約に製造能力が追いつかない事態になっているが、Samsungのモバイル事業のトップ、JK Shinは「GalaxyS IIIは7月中に1000万台以上売れる」と断言した。

SamsungのGalaxy S IIとGalaxy Noteもこれほど急速に市場に浸透することには成功しなかった。なにしろGalaxy SIIIはAndroid携帯史上最大の予約を獲得しているのだ。

しかしReutersによれば、多くのユーザーが32GBを購入できない(予約できない)という状態は変わっていないという。事実、SprintはSamsungから在庫が確保できなかったため製品のリリースを遅らせることを余儀なくされた。

「われわれはSamsungから『Galaxy S IIIの全世界での圧倒的な人気のため、Sprintに対して6月21日の発表予定日に間に合うよう十分な数の製品を供給できる目処が立たなかった」との知らせを受けた。われわれはSamsungと密接に協力して出荷スケジュールの調整を図っている」とSprintのウェブサイトには掲載されている。

Samsungの製品供給能力に限界がみえた一方で、Samsungにとって最大の脅威であるAppleの新しいiPhoneの発表が近づいている。Samsungは賢明にも新iPhoneの発表に3ヶ月前後先んじてGSIIIを発表したわけだが、製品の供給がボトルネックとなって販売の勢いがそがれる危険性が出てきた。SamsungはGalaxyS IIIから得べかりし利益のすべてを得られないことになるかもしれない。

とはいえGSIIIの人気は本物だ。Samsungにとっていくつか販売上の新記録が達成されるのは間違いないだろう。ともあれ今回はSamsungはAppleから特許権侵害で訴えられていないから気が楽だろう。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+