Gmailのユーザ数は4億を突破: 45の州, 66の有名大学, 500万の企業が利用

次の記事

誰もがマーケティングビデオを作れる時代に:PowToonのDIYプレゼンツール

gmail-logo

今日(米国時間6/28)のGoogle I/OデベロッパカンファレンスでGoogleは、Gmailのユーザが4億2500万人であると発表した。合衆国の45の州の州政府と、上位100の大学のうち66校が使用している。企業ユーザは500万を超えており、その中にはRocheやKLMのような大企業もある。

GoogleのSVP Sundar Pichaiによると、同社のアプリケーションの多くにGoogle+によるソーシャルな層があることにより、ユーザは“Sharepointなどではできないことができるようになった”。Google+の中でもGoogleはとくにGoogle+ Hangoutsに力を入れており、今日のデモビデオでもHall and OatesがHangoutsを使ってコラボレーションし、曲を作る様子を映していた(“これをSharepointでやろうとしてごらん”、とPichai)。

彼は、“2004年を境にWebは変わった”とも言った。スタティックなWebサイトが今では、Ajaxなどの技術のおかげでGmailのような動的でリッチなWebアプリケーションによって置き換えられた、と。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))