GoogleのChromeブラウザがiPhoneとiPadにやって来た

次の記事

Viddyに対抗? リクルートのReviocamは可愛くデコれるビデオ共有を目指す

Screen shot 2012-06-28 at 1.48.40 PM

今日(米国時間6/28)はGoogle I/Oの2日目になるが、GoogleはChromeブラウザのiPhone、iPad版を発表した。

このアプリは今日中にAppleのApp Storeで公開される予定だ。ユーザーはタブ、ブックマーク、パスワードなどの情報をiPhone、iPadを含むさまざまななデバイスで同期させることができる。

重要なのは、同期できるのがiPhoneやiPadばかりではないという点だ。最新版のGoogle Chromeは複数のタブで開いたページをすべて同期させる。GoogleのChrome担当副社長、BrianRakowskiはMacbook、Chromebook、Android携帯、Androidタブレッド、そして最後にiPhoneでタブ同期のデモを披露した。.

同期できるのは開いたタブだけではない。ブックマークも同期され、また各種のログイン情報もデバイスを通じて保存される。デバイスを変えるごとにいちいちログインし直す必要がなくなる。

〔日本版:午前6時の時点ではまだApp Storeに登録されていないもよう。〕

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+