%E3%82%A6%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%81%AE%E6%89%8B%E8%A9%B1%E9%80%9A%E8%A8%B3%E6%89%8B%E8%A2%8B%E3%81%8CMicrosoft%20Imagine%20Cup%E3%81%A7%E5%84%AA%E5%8B%9D%2C%20%E4%BA%8C%E4%BD%8D%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0

ウクライナの手話通訳手袋がMicrosoft Imagine Cupで優勝, 二位は日本チーム

Imagine Cup

今日(米国時間7/9)はオーストラリアのシドニーで行われた学生テクノロジコンペ、今年のMicrosoft Imagine Cupの最終日で授賞式、優勝賞金25000ドルをかっさらったのは手話を音声に翻訳する手袋だ。決勝に残ったのは世界中からの75チーム、彼らが審査員団の前でプレゼンを競った。Microsoft Imagine Cupは今年が10回目で、その名のとおりサッカーのワールドカップの熱気と学生によるピッチコンペ*を結びつけたイベントだ。今年のテーマは“もっとも困難な問題の解決を助けるテクノロジ”、医療や環境問題に取り組むチームが多かった。〔*: pitch, 売り込み, 企画〜製品説明。〕

二位になった日本のCoccoloは、照明器具同士がお互いに会話をして、明かりを暗くしてもよい場所を見つける、というシステムを提案した。ポルトガルのwi-GOは、店内で障害者のうしろを自走していくショッピングカートをKinectを使って作り、三位になった。

決勝に出た全員が10月に発売されるWindows 8マシンをもらえるそうだが、それがSurfaceなのかどうか、Microsoftは明言していない。

来年はサンクトペテルブルクで開催される。Windows 8の発売が間近だから、来年はWindowsが主役になるかもしれないが、今年の参加作品もすでにWindows 8を使ったものがけっこう多かった。Metroスタイルのアプリケーションではなかったが。

ドイツのGreenwayはコカコーラ賞「環境持続可能性賞」を取った。Greenwayのねらいは交通渋滞を過去のものにすることで、そのスマートナビゲーションシステムは運転者が渋滞を避けたルートを選ぶのではなく、全市の交通状況を監視しながら、その全体を巧みに調整する。

「健康意識賞」を取ったイタリアのIngeniumは、セラピストが身近にいない自閉症患者の保護者たちに、よりベターな治療ソリューションを提供するプロジェクトを提案した。

アリゾナ州立大学の合衆国チームはトップ20に入らなかったが、同じく合衆国のDrexel Dragonsのチームはゲームデザイン(携帯用)で入賞した。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus