Googleの顔、マリッサ・メイヤーが米Yahooの新CEOに就任

次の記事

アイコンの神秘

photo

創立期からGoogleのテクノロジー部門の幹部として活躍してきたマリッサ・メイヤーがCEOの新Yahooへの就任を受諾したとNew York Timesが報じた。まだYahooからの公式コメントはない。Yahooのプレスリリースはこちら

Yahooがこの重大なニュースをプレスカンファレンスやプレスリリースではなくNew YorkTimesのスクープという形で公表したことは興味深い。前CEOのScott Thompsonが〔学歴詐称スキャンダルという〕理想的とはいえない状況のもとで離職したことでもあり、YahooとしはPR戦術によほど気を配ったのだろう。

さらに情報が入り次第アップデートする。

アップデート:Yahooにとってマリッサ・メイヤーの獲得に成功した意義はきわめて大きい。メイヤーはスタンフォードでシンボリック・システムで学士、コンピュータ科学で修士を取得した後(学歴詐称の誰かとは大違い)、1999年に20人目の社員としてGoogleに入社した。女性エンジニアとしては第1号だった。それ以来、メイヤーはGoogleで対外的にもっとも良く知られた幹部として自社のカンファレンスばかりでなくテレビのモーニングショーからCharlie Roseショーのような権威ある番組に出演してきた。またわれわれのTechCrunch Disruptの審査員をたびたび務めている。

メイヤーのYahoo CEO就任はまったくの不意打ちだった。シリコンバレーでもこんな人事を予想できた人間はいないだろう。しかしよく考えてみるといろいろ納得できるふしが多い。最近Googleにおけるメイヤーの役割は縮小ぎみだった。1年半前の組織改編でメイヤーは検索プロダクト担当副社長からロケーション及びローカルサービス担当副社長というやや目立たない地位に配置変えになっていた。情報筋によれば、同時にメイヤーはGoogleの最高経営幹部のサークルから一歩退いたかたちになっていたという。

このような状況であったなら、新天地開拓の誘いに心を動かされたのもなるほどと思える。Yahooは最近の迷走でいささか輝きを失ったとはいえ、依然テクノロジー界を代表する大手上場企業だ。メイヤーをCEOに迎えたYahooの今後に大いに期待したい。

〔日本版〕ニューヨークタイムズの長文記事によると、メイヤーがYahooからアプローチされたのは去る6月だったという。NYTはメイヤーが最古参社員でありGoogleの顔を長く務めてきたにもかかわらず副社長のままで、上級副社長や取締役のポストに就けないでいることに不満を抱いていたのではないかと推測している。ちなみに英語での発音は「マイヤー」だが、日本語のWikipediaを始めとする一般的な表記に従った。〕

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在379人フォロワーがいます。