Dell%E3%81%8CLinux%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AB%E5%86%8D%E6%8C%91%E6%88%A6--%E4%B8%80%E8%88%AC%E6%B6%88%E8%B2%BB%E8%80%85%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%81%AB%E7%85%A7%E6%BA%96%E5%A4%89%E3%81%88

DellがLinuxラップトップに再挑戦–一般消費者からパワーユーザに照準変え

ubuntu-logo-better

本日(米国時間7/18)Dellは、Linuxラップトップ市場への再参入を公式に表明した。5月に発表されたProject Sputnik〔スプートニクプロジェクト??〕がこのほど、Dell社内のインキュベータ事業を卒業して、実際に製品化されたのだ。プロジェクトのリーダーBarton Gerogeによると、Dellは同社のXPS13 Ultrabookの特製“デベロッパエディション”を秋から売り出す。

そのラップトップには、Linuxのユーザフレンドリなディストリビューションとして人気のあるUbuntuがプレロードされる(なおLinuxは、オペレーティングシステム本体だけならLinux、シェルなども含む基本システム全体としては…GNUのソフトウェアに大きく依存しているので…GNU/Linuxと呼ぶ)。Windowsをデュアルブートできないが、XPS13向けにカスタマイズされたUbuntuのインストールイメージが提供されるので、それを自分でインストールすればデュアルブートも可能だ。問題のデベロッパエディションはXPS13のハイエンド構成でRAMは4GB、Intel Core i7プロセッサ、256GBのSSD、となる。今の定価は1499ドルだが、Linux専用機はWindows機より当然安くなる。

DellはLinuxプレインストール機を2007年に発売したことがある。当時の同社の提案ボックスIdeaStormに、リクエストが多かったためだ。しかし2010年になると、OSのオプションとしてのUbuntuの名が、オンラインストアのカタログからいつの間にか消えてしまった。そもそもOSに代替オプションがあること自体、平均的なユーザを混乱させたのだ。“当時のDellは訴求対象を間違えた”、とGeorgeは言う。

アップデート: GeorgeによるとDellは、合衆国以外では今でも大量のUbuntuラップトップを売っている。

でも、パワーユーザたちからのリクエストは、途絶えることがなかった。Project Sputnikの発表以来Dellは、IdeaStormで徹底的にフィードバックを集めた。その結果として、Linuxラップトップの生産にGoサインが出た。Georgeによると、Dellはその新製品のマーケティング方法を確定していなかったが、しかしそれがパワーユーザ向けの製品であることは、誰の目にも明らかだった。

DellはLinuxラップトップ市場で孤独ではない。大手はまだまだだが、数社の“ホワイトボックス”ベンダがLinuxラップトップを提供している。一般製品の形にいちばん近いのがたぶんEmperorLinuxで、これは有名ブランドのラップトップにLinuxをインストールして、技術サポート付きで売っているものだ。そのほかのLinuxラップトップのベンダは、このサイトへ行くと分かる。

Windows 8はブートローダがロックされているのでほかのオペレーティングシステムをインストールできない、という懸念が広まっている。そんな中で、Dellのような大手がコンピューティングの自由の味方をする光景は、とてもさわやかに映る。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

Tags: , ,

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

まいのこ☆WEBデザイン
アメブロの上からニョインって出てくる広告(最悪)とか、画面いっぱいに出る広告とか(最悪)、もう本当や…
つん(たん)
現在の検定で不正が問題になっていることを今知ったよ。
Ichiro Mizoguchi
なんとなくですが、「一度使ったら手放せない」ってなりそうです。ちょっと怖いなぁ ^^;
デラペニャ
サイヤ人は怒りや悲しみが極限に達するとスーパサイヤ人になるそうです。スーパサイヤ人になると外観にも変…
U-YA
Windows Phoneは使いやすいんだけどアプリが絶望的に少ない。