spam
privacy
app-store

GoogleがAndroidアプリの認可基準を厳格化…“野放し時代”を終わらせる

次の記事

米ベンチャーキャピタルの現状:量より質

play_logo

Google Playは大人になりつつあるようだ。髪に櫛を入れ、西部開拓時代のような荒くれイメージから抜け出ようとしている。今日(米国時間7/31)は、Androidのアプリストアのチームが、数万人ものAndroidデベロッパに宛てて書簡を送り、アプリに関するポリシーをこれまでよりも厳しくする、と告げた。取り上げられている事項は、アプリの名前、使用するアイコン、支払い方式、プライバシー、スパム、そして広告だ。つまりこれらは、これまでデベロッパとユーザの両方にとって議論の的だったり、不満の源泉だった領域をすべてカバーしている。

この新ポリシーが求めている要件は、今日から適用される。違反しているアプリには30日の改訂猶予が与えられ、改訂しなければアプリストアから排除される。しかし既存のアプリにそれらを適用するのは、難しい場合もありそうだ(たとえば名前)。これから提出される新しいアプリは、まだユーザ数ほぼゼロだから、改名を強制しても、あるいはストアから削除しても、それほどの問題はない。

書簡の全文は下に引用するが、同じテキストをWeb上で見ることもできる。以下に、主な項目を簡単に紹介しよう:

支払いポリシー: Google Playのアプリ関連の支払いはダウンロードでもアプリ内購入でもGoogleの支払いシステムを使うこと。例外はアプリの外で消費されるグッズやコンテンツ、および物理的なグッズ(たとえば印刷物の雑誌や新聞の購読)。デベロッパはアプリやサービスや機能性に関して“ユーザを惑わせてはならない”とあるが、これは文言が曖昧なだけに、強制は難しそうだ。

なお、購読や会員制に関しては、請求期間中のキャンセルによる払い戻しはしないが、ただし個々のデベロッパはもっと柔軟なやり方を採ってもよい、となっている。Google自身は、途中払い戻しのような面倒な事務を避けたいのだろう。

名前とアイコン: これは、既存のアプリに適用しようとすると悪夢になる。その主な目標は、模倣作品の防止だ。

“誰かのふりをしてはならない。企業や組織を/から代表/公認し/されていないのに、し/されていると名乗ってはならない”、とある。具体的には、既存のプロダクトやデバイスと“まぎらわしい”名前やアイコンを使ってはいけないのだ。範囲はGoogle Play内だけでなく、Camera、Gallery、Messagingなども含む。

この要件は新しいアプリへの適用は容易なようだが、“似ている”の判断が難しいケースもあると思われる。Googleで、誰がどんな基準で、名前やアイコンが似ていると判断するのか? どっちが先に使ったか、というタイムライン上の事実以外では、判断は主観的にならざるを得ないだろう。

プライバシー/個人情報: これは自明の要件だが、Googleがこれを明示的に言ったのは今回が初めてだ。これからは明示的に、ウィルスのような危険なプロダクトはいけません。“ウィルス、ワーム、欠陥製品、トロイの木馬、マルウェアなど、セキュリティの脆弱性を導入し、あるいはユーザのデバイスやアプリケーションや個人データを害するものを送ってはならない”、とGoogleは明記している。しかし、このような明記に効果はあるのかな? 重大な問題となっているAndroidのウィルスは、増える一方のようだが

スパム: これもウィルスなどと並んでおなじみの憎まれものだが、Googleはスパム的な振る舞いを定義しようとしている。詳しく定義しておくと、違反の検出〜排除作業が、しやすくなるだろう。ただし、Googleが‘アプリいじめ’をしなきゃいいけど。その定義とは:

  • 繰り返し〜重複
  • 誤解を招くような説明や検索等での格付けアップをねらったキーワードの羅列
  • 詐欺的格付け…何度も評価〜格付けさせたりユーザに報奨を与えて評価〜格付けをさせる
  • 自動化ツールにより提出されたアプリ
  • アフィリエイトトラフィックを強制誘引するアプリ
  • ユーザの承認を得ずSMSやメールを送出するアプリ

広告: Googleの糊口の糧がデベロッパポリシーにも登場。モバイル広告も含めて広告は広告である、そして、広告の振る舞いがアプリの振る舞いとは別に、より緩い制約を持つことはない。駄目なアプリも駄目な広告も共に駄目。言い換えると、アプリに関する全ポリシーが広告にも適用され、広告もGoogle Playからの排除の理由になりうる。

Googleは、最近のモバイル広告が非常に高度で巧妙であることを承知している。そこで、広告は、“ショートカットやブックマークやアイコンなどを無断でインストールするなどによりユーザのデバイスの機能を変えたり、デフォルトの設定を無断で変えてはならない”、とGoogleは明記した。システムからの通知や警告のふりをする広告も、ノーだ。ユーザの個人情報を提出させる広告、アプリへのアクセスを誘引する広告も、いけません。さらに、“ほかのアプリケーションの広告を妨害する広告”もだめです。

というわけで、相当詳しく具体的だし、口調も強い。最大の目的は、アプリの質の向上、そしてAndroidの社会的評価とイメージの向上だろう。

以下が、デベロッパに送られた書簡の全文だ:

[以下英文ママ]

Hello Google Play Developer,

We are constantly striving to make Google Play a great community for developers and consumers. This requires us to update our policies when we launch new features, like subscription billing, and also when we see unhealthy behavior, like deceptive app names and spammy notifications. This email is to notify you that we’ve made some changes to our policies which are highlighted below.

– We’ve added clearer details to the payment policy, and guidelines on how we will handle cancellations in our new subscription billing feature

– We are restricting the use of names or icons confusingly similar to existing system apps in order to reduce user confusion

– We are providing more detail on the kinds of dangerous products that are not allowed on Google Play. For example, apps that disclose personal information without authorization are not allowed.

– We are giving more examples of practices that violate the spam policy.

Additionally, we are adding a new section that addresses ad behavior in apps. First, we make it clear that ads in your app must follow the same rules as the app itself. Also, it is important to us that ads don’t negatively affect the experience by deceiving consumers or using disruptive behavior such as obstructing access to apps and interfering with other ads.

Please take a look at the Google Play Developer Program Policy at http://play.google.com/about/developer-content-policy.html to see all the changes and make sure your app complies with our updated policies.

Any new apps or app updates published after this notification will be immediately subject to the latest version of the Program Policy. If you find any existing apps in your catalog that don’t comply, we ask you to fix and republish the application within 30 calendar days of receiving this email. After this period, existing applications discovered to be in violation may be subject to warning or removal from Google Play.

Regards,

Google Play Team

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

“GoogleがAndroidアプリの認可基準を厳格化…“野放し時代”を終わらせる” への1件のコメント

  1. 危険goo より:

    gooブログにアクセスすると、ウイルスに感染することがあるから、近寄らないことが望ましい。
    URLがblog.gooで始まっている。また角の中にgが入った赤いマークが付いている。
    ウイルス対策ソフトがパソコンに入っておれば問題ないと思われるが、念のため。
    君子危うきに近寄らず。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中