Tシャツ会社、ハッカー集団アノニマスに喧嘩を売る

次の記事

YouTubeが調査報道のためのチャネルを立ち上げ–既存メディアは育成に無力

フランスのTシャツ会社が厚かましくも、世界最強ハッカー集団に因縁をつけた。世界で最も堅牢なウェブサイト(FBIを含む)を機能不全に陥れることで知られるアノニマスは、同ハッカー集団のロゴを自社の知的財産として商標登録したフランスのアパレル会社、Early Flickerへの復讐を誓った。

「彼らの傲慢さと自分たちのしたことへの無知が罰を免れることはない」とアノニマスはYouTubeビデオで約束した(下に埋め込んである)。「アノニマスは彼らがインターネット上で運営するあらゆる事業を停止させ、商標登録が却下され公開謝罪がなされるまで〈99%〉はをこれを止めないだろう。アノニマスの名前は世界の娼婦にはならない」。

たとえE-Flickerがハッカー集団の怒りから逃れたとしても、アノニマスのアカウントのツイートによると、そのロゴはすでにクリエイティブ・コモンズの知的財産ライセンスとして登録されてる。

商標ごろ諸君へ。ほぼすべての#Anonymousロゴはクリエイティブ・コモンズの元ですでにライセンスされている。よって商標申請とはご苦労なことだ。
— AnonymousIRC (@AnonymousIRC) August 1, 2012

アノニマスが停止勧告を待つとは思えない。喧嘩好きは目を離さないように。このノックアウトはマイク・タイソン対リチャード・シモンズ戦より早いかもしれない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中