Hangouts On Air
Google Hangouts

ミュージシャンに朗報―Google+ハングアウトに追加されたStudio Modeで高音質のライブ・ストリーミングが可能に

次の記事

Facebookのライフイベントに「子供が生まれます」オプション追加―広告ターゲティングは未定

Hangouts On Air Studio Mode

Googleはハングアウト・オン・エアをミュージシャンが演奏を(ガレージからであれスタジアムからであれ)ストリーミングするための有力なチャンネルに育てるために効果的な手を打ってきた。今日、ハングアウトにStudio Modeが追加された。このモードは通常の音声会話ではなく音楽ストリーミングのために最適化されており、高品質のオーディオが配信できる。

実際、Studio Modeの効果は大きい。ノイジーなデジタル音声をCD品質に近いところまで改善している。Googleに取材したところ、StudioModeのステレオ音声は従来より高ビットレートで新たに開発されたコーデックを利用しているという。この機能は今日中に全ユーザーから利用可能になる。

現在ミュージシャンが演奏のリアルタイム・ストリーミングに使う主なプラットフォームはUstreamだが、GoogleはStudio Modeの高音質がユーザーを惹きつけるものと確信している。音がはっきり違うのは下のビデオで確認できる。

Studio Modeはハングアウト・オン・エアのオーディオ設定から選択できる。ハングアウト・オン・エアは通常のハングアウト・ビデオチャットの参加者が10人に限られるのに対して、無制限のユーザーに対して公開できるストリーミング・サービスだ。Studio Modeを選択できるのはハングアウト・セッションのオーナーだけで、いったん選択されると視聴者全員に効果が及ぶ。現時点でStudio Modeが利用できるのは全ユーザーの25%程度ということだが、まもなく全員が利用できるようになる。

ハングアウト・オン・エアはすでに先進的なミュージシャンの人気を集めている。中にはオープン・マイク・ハングアウトという視聴者が飛び入りでパフォーマンスに参加できるイベントも行われている。Googleがハングアウトにミュージシャンを集めることができれば、ファンがGoogleプレイのGoogle Musicからアルバムを買う助けになるだろう。Googleの音楽販売チャンネルはまだ生まれたばかりだが、やがてはiTunesやSpotifyのライバルに成長するかもしれない。

下のビデオはGoogle+のハングアウト・オン・エアのStudio Modeのデモ。Studio Modeをオフにすると泣きたくなるほど音質が低下するのがわかる。Google、グッドジョブだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中