630万いいね!のTokyo Otaku Modeがデジタルガレージ、500 Startupsなどから資金調達

次の記事

物と物のインターネットに専念するNeulが三井物産から$5Mを調達, 明日の巨大市場のリーダーを目指す

Tokyo Otaku Modeといえば、日本のオタクカルチャーを海外に発信するスタートアップとして最近になって知られるが、その存在は現在は630万ものLike(いいね)数をほこるFacebookページのみでしか知ることがなかった。それまでベールに包まれていたが、最近になって500 Startupsの4月からのbatchを終了してから、運営者自身もその姿を表すようになった。亀井智英氏らを中心に活動する彼らは、米デラウェア州に登記をしたスタートアップである。現在はFacebookページが中心となっているが、自身の独自サイトもアルファ版としてスタートしている。

そのTokyo Otaku Modeが新たな資金調達を発表した。引受先はデジタルガレージの子会社のDGインキュベーションに加え、ガイアックスの子会社のGaiaX Global Marketing & Ventures、米国のエンジェル投資家であるWilliam Lohse氏、Christine Herro氏、そして500 Startupsである。500 Startupsは今回は追加投資となる。今回の発表以前にもTokyo Otaku Modeは資金調達を発表していて、500 Startupsに加えて、DeNA共同創業者の川田尚吾氏、元楽天の小澤隆生氏、また元楽天で現サードギアの松崎良太氏、ネットエイジの西川潔氏、元グーグルのRichard Chen氏などから資金を調達している。

今回と前回発表された資金調達はすべてConvertible Noteで行われ、額面は非公開となっているが総額で50万ドルのものと思われる。

今後は独自サイトの開発などにその資金が充てられると考えられるが、その活動の中心は北米で行われる予定だという。なお、すでにわれわれは亀井氏にインタビューをしており、彼らの活動について近日中にアップする予定だ。

“630万いいね!のTokyo Otaku Modeがデジタルガレージ、500 Startupsなどから資金調達” への2件のフィードバック

  1. 788 Ttk より:

    参加企業(馴れ合い屋ステマ屋金満屋)と関連記事(だまされるな)のコンボが
    個人的に失笑もんすなあ・・・あと90年代サブカルチャー見てるようでダサい。
    Tokyo Niwaka Modeって名前変更したらいいんじゃね

  2. 788 Ttk より:

    参加企業(馴れ合い屋ステマ屋金満屋)と関連記事(だまされるな)のコンボが
    個人的に失笑もんすなあ・・・あと90年代サブカルチャー見てるようでダサい。
    Tokyo Niwaka Modeって名前変更したらいいんじゃね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中