obama
DNC2012
dnc

Barack Obamaのスピーチが毎分52757のツイートを生成, 民主党大会全体では900万以上

次の記事

手作りロボットキットMultiplo, Kickstarterで資金を募集中

Twitterの発表によれば、アメリカ合衆国の大統領Barack Obanaが今夜(米国時間9/6)民主党全国大会で次期大統領候補指名受諾演説を行い、そのときこれまでのTwitterの記録を破った(政治分野)。

Twitterが稼いだ得点: その演説の間、最初から最後まで、Twitterは一度もダウンまたは不調にならなかった。

[ツイート訳: Twitter上の記録的な政治的瞬間: @Barack Obamaは毎分52757ツイートをドライブした。党大会全体で900万あまりのツイートが送られた。]

人びとは群れを成して、彼の演説の最初から最後まで、聞き入り、そしてツイートした。党大会全体のツイート数900万余は、共和党全国大会の400万を上回り、そしてこの数字を知った者は全員、唖然として自分の顎が外れた。

大統領の人気は、昨日ツイートの記録を稼いだファーストレディMichelle Obamaをも上回った

政治に関心のない人でも、このグローバルなネットワークの上で大量の人びとが、大イベントをめぐって議論に参加したことには、圧倒されるだろう。毎分のツイート数には、そのとき行われていたMTV音楽ビデオ賞のそれもあったと思われるが、スパイクとピークはObamaのスピーチにほぼ一致しているので、ツイートの大半が民主党党大会関連と見て間違いないだろう。

この記録破りの夜を詳説しているブログ記事でTwitterは、同サービスのここ数年の成長ぶりを共有している:

党大会に関するツイートは、今日一日だけでも400万を超えた。2008年の選挙当日には、全世界に送られたツイートの総数はわずか180万だった(そのすべてが大統領選関連とはかぎらない)。

大統領のスピーチの間、ツイート数がもっともスパイクした瞬間は:

-43,646: “今の私は単なる候補者ではない。私が、大統領だ。”
-39,002: “メディケアをヴァウチャーには絶対にしない。”*
-38,597: —メディケアに関するくだり—
-37,694: “政府が問題のすべてを解決できるとは思っていない。”
-34,572: —オリンピック関連の警句と〔共和党の人たちの〕“冷戦時代的な感性”について—

〔*: 共和党が主張する、領収書と引き替え(voucher)の保険相当ぶん還付は、低所得者が対応できないから国民皆保険につながらない…これがObamaの、共和党案に対する否定的見解。〕

このスピーチから今後、どんなミームが生まれるか、とても興味深い。すでに、こんなのがある:


[今の私は単なる候補者ではない。私が、大統領だ。]

リアルタイムだから、すごいよね。

[写真クレジット: Tim Shey]

〔画像出典: BBC。〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))