注射針が要らなくなる: レーザーで薬を皮下へ送り込むシステムが完成

次の記事

タブレット・ユーザー調査―利用時間スマホを上回る、満足度はAppleがトップ、Amazonが僅差で2位(J.D. Power調べ)

注射針の終わりが近づいているようだ。研究者たちは、薬の微細な粒子をレーザーの力で皮下に送り込むシステムを開発した。phys.orgの記事は、“注射がまったく痛くなくなり、誰かに息を吹きかけられた程度の感触になる”、と報じている。そのレーザーシステムは顕微鏡サイズの微小な空気の泡を作りだし、それが皮膚に浸透することによって薬を、人間の髪の毛の幅程度の狭い領域に注入する。

モルモットを使った動物実験はすでに成功しており、韓国Seoul National University(ソウル国立大学)の機械工学/航空工学教授Jack Yohは、臨床現場での実用化〜商用化を目指している。“近未来にこの技術は、少量の薬を複数の場所で投与しなければならないような状況〔学校〜予防接種など〕で、気軽に採用されるようになるだろう”、と彼は言っている。

注射針の嫌いな人や小さな子どものいる人は、実用化が待ち遠しいだろう。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

“注射針が要らなくなる: レーザーで薬を皮下へ送り込むシステムが完成” への3件のフィードバック

  1. tomoe より:

    スタートレックのハイポスプレーか

  2. Oramba より:

    これは怖いだろ。
    寝てるときに誰かに危険な薬物を注射されても気づかないんだからな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中