ローカルガイドのマーケットプレイスmeetripは人と知り合える旅を演出する

次の記事

GoogleのVic Gundotra上級副社長、「Google+の登録ユーザーは4億、月間アクティブ・ユーザーは1億以上」と発表

旅に求めるものはなにか? 以前にTrippieceのことを書いたときには、旅は道連れだと書いたけれども、meetripを運営するduckdiveの共同創業者でCEOの貴山敬氏はずばり旅とは「出会い」だという。彼の体験では、18歳のときにネパールに旅行した際に、ひょんなことから現地の小学校の校長に出会ったのそうだ。その校長はずいぶん以前に日本に出稼ぎに出ていた経験があったそうで、彼との去り際に貴山氏は日本で恩師となった日本の夫婦に手紙を渡して欲しいと彼から電話番号と手紙を受け取る。

日本に帰った貴山氏は早速電話をして事情を伝えると、当時とは違う場所にいるその夫婦にやっとあうことになる。そして手紙を渡すことで、校長の人生と触れ合うことができたのだと語っている。僕はそういう体験はないから貴山氏が何を言いたかったのかは想像でしかわからないが、旅をすることで人と出会ってそれまで経験をしなかったようなことをその人物を通して得られるということなのかもしれない。

だから貴山氏が今日からまもなく立ち上げるmeetripは出会える旅を演出するサービスとなっている。出会えるのは地域のガイド役の人物だ。

meetripはいわば、宿泊施設のマーケットプレイス、AirBnBのローカルガイド版で、各地域に住むガイド役になりたい人物が自分が提供したいガイド内容と料金を登録する。そして、そのガイドにガイドを頼みたい人がお金を支払うというわけだ。つまり個人が地域の旅行ガイドを見つけるマーケットプレイスになっている。スタート時にはまずは東京と台北のみが対象の都市となっている。

旅行のガイドといってもそんなに難しいものじゃなくてもオーケーで、実際、旅行したときに僕らが感じる「現地の人は何をして楽しんだり、食べたりしているんだろう」という疑問をうまくガイドしてあげるだけでいい。たとえば、ラーメン好きなら東京ラーメングルメツアーというのを提供してもいいし、秋葉原のオタクショップ巡りだっていい。

このリリースに先立ち彼らは台北で試験的に数名のガイドを集めてテストを行っている。だいたい2時間で10ドルから20ドルぐらいの価格設定で、みんな英語でガイドをしてくれるのだという。貴山氏によれば、それはとても楽しい体験なんだそうだ。出会うことのないような現地の人といろいろと話しをして、現地の人しかしらないような食事ができるのは、地域ガイドでしかなし得ない。すでに同様のサービスはこの夏のYC出身のVayableだとか、CanaryHopGidsy.comSideTour.comなんかも体験を売るマーケットプレイスとして登場している(詳しくはNew York Timesの記事で)。

貴山氏はグリーやDeNAが旧来のゲーム業界に起こしたようなインパクトを旅行業界にもたらしたいという。それは出会える旅行だという。でもそれは不可能なことではないのかもしれない。AirBnBを例にとれば1日の貸し借りの成約件数は6万にもなっているようだ。それにそれまでのC to Cだけでなく、専用の宿泊施設を持っている企業もAirBnBのマーケットプレイスを利用しているという。利用者が増えれば、meetripのようなサイトもそんなパワーを持つのかもしれない。

meetripはFacebookの利用を前提としているスマートフォン向けのウェブサービスとしてまずは提供される。Facebookの実名制である程度の抑制を利かせようというものだ。もちろん、それだけでは十分に解決できないだろうが、評価システムなどでまずは運営してみて改善点があれば改善していくということを考えているようだ。なぜ、当初、台北からスタートさせたかについては、Facebookの普及率が高いといことを上げている。

運営のduckdiveは貴山氏ともう一人の共同創業者の有安伸宏氏からなる。有安氏はプライベートコーチのCyta.jpを運営しているコーチ・ユナイテッドの代表でもある。meetripにはCyta.jpのノウハウが生かされているのだという。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中