Apple

iOS 6はiOSの歴史上始めて顧客満足度が前よりも落ちる–やはり地図か

次の記事

Google Play Store、ダウンロード累計で250億を突破。5日間の記念セールスを展開中

image

AppleのiOS 6は、ユーザの満足度という点では同社に良い貢献をしていないようだ。モバイルの顧客調査を行っているOn Deviceが最近行ったアンケート調査では、そんな結果だ。調査は合衆国の16000名弱のiPhoneオーナーに対して行われたが、iOS 5に比べてiOS 6はやや、その搭載機に対する満足度が低いことが、見いだされた。満足度の低下幅は小さいが、満足度が始めて前よりも落ちたという点ではきわめて注目に値する、とOn Deviceは言っている。

“これまでは消費者がモバイルのオペレーティングシステムをアップグレードするたびに、デバイスの満足度は上がっていた”、On DeviceのCEO Alistair Hillは、本誌あてのメールでこう説明した。その傾向は、Android OSのバージョンにおいても同じだったそうだ。同社によれば、iOS 4からiOS 5にかけては満足度の大きな向上が見られる(上図)だけに、5から6にかけての低下は異常とすら見える。

モバイル地図がGoogle MapsからApple独自のモバイルマップに換わったことに対し、消費者の反応は良くない。それが、一般的にも不満の主な源泉であると思われる。On Deviceの調査に見られる不満も、やはり地図が原因だろう。App Storeの検索結果を見るかぎり、ほかに大きな不満点は浮上してこないのだから。

また、iOS 5に比べてやや減少したものの、満足度の絶対値としてはやはりきわめて高い。J.D. Powerの最近の研究を見ても、AppleとAndroid製品との満足度の差は、いまだに大きいと思われる。というわけで、今回見られた満足度の微減は、今後のiOS製品の売り上げに目に見える影響を及ぼすことはなさそうだ。

〔参考記事(+←この記事のコメント)。〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中