Apple CEO Tim CookがApple Mapsについて謝罪, 競合製品を代替として提案

次の記事

Foursquare、レストラン予約サービスのOpenTableと連携。電話無用の発見・予約プラットフォームを実現

maps

AppleのCEO Tim Cookが同社のWebサイト上に公開書簡を掲載し、iOS 6の市場導入以降数週間に亘って繰り広げられたMaps騒動に関して、ついに謝罪した。

その書簡でCookは、“ご迷惑をおかけしてたいへん申し訳ない”と述べ、同社に、世界最高の製品を顧客に届けるだけの“力量が不足していた”と言っている。

iOS 6の導入によりAppleは、(最初のiPhone以来すべてのiOS製品のデフォルトの地図アプリケーションだった)Google Mapsとの決別を選び、完全にApple製の内製アプリケーションを使うことにした。しかしそのiOS 6 Mapsが一般消費者に向けて公開されたとき、多くの人びとが、地図が正しくない都市やランドマークの名前が違う乗り換え案内がないなどの欠陥により、幻滅を体験した。

その後同社は激しい批判の嵐に耐え、先週はかろうじて、“まだ始まったばかり”というコメントを発表した。しかし、製品を発売したからには過失を認めないというSteve Jobs流の姿勢は、Tim Cookに引き継がれなかったようだ。Appleが製品に関してこのようにおおっぴらに謝罪するのは、あとにもさきにもこれが初めてである。

その書簡の中でCookはGoogle Mapsに言及し、それはiOS上のMapsの最初のバージョンであったが、その後、“時間の経過とともに[同社は] 顧客にもっと良い地図を提供したいと望むようになった。曲がり角ごとの(turn-by-turn)の道順案内や、音声による案内、3Dの「フライオーバービュー」、ベクタグラフィクスによる地図などの高度な機能を、お客様にご提供したいと考えた”、と述べている。

AppleはiOS 6の市場導入以来、ユーザが音声による道案内を歓迎することを期待していたが、しかし最近本誌が知り得たところによると、GoogleがAppleにturn-by-turn機能の提供を渋ったため、両社の関係が冷えていたらしい。

一時的な代替としてCookは、モバイルWebからBing、Waze、Google、Nokiaなどの地図を使うことを提案している。

しかし彼は、iOS 6に1億のユーザがいることだけは、どうしても言いたかったようだ。

以下が書簡の全文だ:

[以下英文ママ]

To our customers,

At Apple, we strive to make world-class products that deliver the best experience possible to our customers. With the launch of our new Maps last week, we fell short on this commitment. We are extremely sorry for the frustration this has caused our customers and we are doing everything we can to make Maps better.

We launched Maps initially with the first version of iOS. As time progressed, we wanted to provide our customers with even better Maps including features such as turn-by-turn directions, voice integration, Flyover and vector-based maps. In order to do this, we had to create a new version of Maps from the ground up.

There are already more than 100 million iOS devices using the new Apple Maps, with more and more joining us every day. In just over a week, iOS users with the new Maps have already searched for nearly half a billion locations. The more our customers use our Maps the better it will get and we greatly appreciate all of the feedback we have received from you.

While we’re improving Maps, you can try alternatives by downloading map apps from the App Store like Bing, MapQuest and Waze, or use Google or Nokia maps by going to their websites and creating an icon on your home screen to their web app.

Everything we do at Apple is aimed at making our products the best in the world. We know that you expect that from us, and we will keep working non-stop until Maps lives up to the same incredibly high standard.

Tim Cook
Apple’s CEO

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

“Apple CEO Tim CookがApple Mapsについて謝罪, 競合製品を代替として提案” への3件のフィードバック

  1. Nanashi3 より:

    クランチとしてはうれしくて仕方が無いだろうけど、Apple関連の記事の場合

    >しかし彼は、iOS 6に1億のユーザがいることだけは、どうしても言いたかったようだ。

    というような、いちいち揚げ足取りのネガキャンまがいの文章は(翻訳も含めて)いい加減止めてはどうかと思う。こういう些細な文章のひとつひとつが、いかにもネガキャンなのだあって、そういうことは「普通の人」なら誰でも分かる話だし、それがひいてはクランチの評判の悪さにつながっていく。朝日新聞のように特定の悪意を権力を使って垂れ流すのは、仮にもジャーナリズムを「標榜」するなら止めた方が良い。

    もっとも、くだらない駄文を書いてるオナニストだという自覚があるなら大いにやれば良いけど。

    • Guest より:

       同意。ほんとうに、某国を必死に擁護してるマスコミレベルでキモい記事が出てくると、編集者や記者の人格を疑う。そういうのは、自前の個人ブログでやってほしい。

    • Aim6890 より:

      はー、何で朝日新聞?頭の中一回洗ったら?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中