rdio

音楽ストリーミングRdioがSpotify対抗策としてアーチストの収入を増やす新企画を立ち上げ

次の記事

オンラインゲームの巨人Nexonが日本のモバイルゲームデベロッパgloopsを買収

Screen Shot 2012-10-02 at 09.57.59

音楽ストリーミングのRdioは、目下北米ではSpotifyの後塵を拝しているが、おそらく必要なのはパートナーに対するインセンティブの強化だろう。とくにSpotifyの低いマネタイゼーションに対しては、アーチストやレーベル(レコード会社)からの不満が大きいのだから。そこで今日(米国時間10/1)Rdioは、’Rdio Artist Program’なるものを導入した。これは同社によると、アーチストが音楽ストリーミングから直接収入を得るための、まったく新しい方式だそうだ。

その考え方は、アーチストが自分の音楽と音楽のリコメンデーションをファンと共有し、それによってRdioの新会員を増やせば一人当たり10ドル稼げる、というもの。これはもちろん、アーチストにとってのインセンティブになり、彼らのファンをこのサービスに引っ張り込む動機になる。

そのほかにも利益がある:

  • 新たな会員を誘ったら一人につき10ドル(“少なくとも一か月間で”)
  • ビジターと会員の紹介に関するリアルタイムの統計データ
  • Rdioのアーチストページのカスタム化ができる
  • トラッカブル(追尾可能)なリンクの作成とRdioの音楽コンテンツの埋め込み型プレイヤーを使えるツールの提供
  • チップス、ヘルプドキュメント、Rdioサポートへのアクセス

これら新機能はRdioが使える14か国で一斉に提供され、すでにアーチストページを持っているアーチストはすぐにインセンティブの対象になる。Rdioは今すでにScissor Sisters、Snoop Dogg aka Snoop Lion、A-Trak、Chromeo、Brendan Bensonなどのプログラムを立ち上げている。

アーチストの中には、TwitterやFacebookを利用して一日に何千ものフォロワーを引っ張り込む人もいるだろう。そういう人たちにとっては、Rdioのこの新企画は大きな収入の機会になる。

一人のファンの生涯価値として、どれぐらいの稼ぎになるのか、それはまだ分からない。ぼくに言わせれば、ほとんどのアーチストはYouTubeのやり方を好むと思われる。コンテンツに広告が付いているので、今後ずっとビューワーが現れるかぎり、お金(広告料収入のYouTubeとの分有)が入ってくるのだから。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))