Google、Microsoft、FacebookなどがWebプログラミングの標準化で協力―情報を集約するwiki、WebPlatform.orgを公開

次の記事

Apple、iPad Miniを第4四半期に1000万台製造へ(WSJ報道)

webplatform

有力なブラウザ・ベンダーを始めとする多数のテクノロジー企業が、共同でWeb Platform Docsというプロジェクトを開始し、WebPlatform.orgというサイトをオープンしたことを発表した。参加企業にはMicrosoftGoogle、Apple、Adobe、Facebook、HP、Nokia、Mozilla、OperaW3Cなどが含まれる。

Opera Softwareによれば、このプロジェクトはウェブ・プログラミングについて権威ある新しいオープンな標準づくりを目指すものだという。WebPlatform.orgはwiki方式のサイトで、デベロッパーが常に最新の正確なHTML5、CSS4その他関連する標準情報を得られるようにする。

WebPlatform.orgの参加企業によれば、「現在デベロッパーはウェブ・テクノロジーに関する最新かつ正確な情報を得るのが困難な状況にある。その結果デベロッパーは各個に試行錯誤を繰り返す必要に迫られている(Googleのデベロッパー・チームはこの状態をゴミ箱あさりと表現した)。Adobeによれば、新しいサイトはデベロッパーに対して「単一の権威ある情報源を提供することによってこの状況を変える」という。このサイトにはAPI仕様、ブラウザ互換性情報、コードのサンプル、ベスト・プラクティス、標準化の進捗状況に加えてウェブ・プログラミングのチュートリアルなどが掲載されている。

このサイトにはすでに参加企業、組織によってベースとなる情報が提供されているが、デベロッパーなら誰でも書き込みをして貢献することができる。W3Cがこのサイトの管理人を務めるが、参加メンバーはこのプロジェクトはコミュティーづくりだと協調している。

「ブラウザやオーサリング・ツールのメーカー、プログラマー、デザイナーを始めとするウェブ・コミュティーのメンバーは膨大な実際的ノウハウを蓄積している。Web Platform Docsはわれわれウェブに情熱を燃やすものが知識を交換し、助け合えるようにする野心的なプロジェクトだ」とW3Cのディレクター、ティム・バーナーズ-リーはコメントした

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+