今度のiPod touchはiPhone 5よりも修理が困難

次の記事

実名制のソーシャルグルメサービスRettyがグリーベンチャーズ、NTTインベストメント・パートナーズなどから1億円を調達

Screen Shot 2012-10-11 at 10.04.36 AM

新型のiPod touchがAppleという雲の上からご降臨された。そして、こんなときの恒例としてiFixitが、ヒートガンやハンマードリルを駆使して分解した。先月行われたiPhone/iPod/iTunesの発表を思い出すまでもなく、この第五世代iPod touchは新仕様山盛りだが、しかし第四世代に比べて修理が難しい。

というか、iPhone 5と比べても修理が難しいのだ。大差で

iFixitがこの音楽プレーヤーに与えた修理性の評価点は、10点満点に対し3点、対してiPhone 5は7点だった。なお、第四世代iPod touchの修理性評価は4点だったから、第五はこれよりさらに1点少ない。

電池の部分は、それほど難しくないらしい。電池周辺のトラブルはふつうにあるから、これは良いニュースだ。

でもiFixitによると、Appleは多くの部品をまとめて半田付けしている。その上さらに、ネジのたぐいはまったく見あたらず、クリップと接着剤が主に使われている。iPodのユーザのアップデートサイクルはかなり長い場合が多いから、これはまずいだろう。

だから、慎重に扱って、修理の必要性が生じないようにするのが、ベストの使い方だ。

なおiPodの最新のテレビコマーシャル、題してBounce(跳びはねる)には、最新のiPod touch、nano、そしてshuffleが出演している。今回は、色が目玉だ。

[原文には、スライドがあります。]





[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中