発表の日が終わろうとしているのに、まだJony IveのiPad Miniビデオを見ていない人へ

次の記事

Amazon東へ: 日本語Kindle(PaperwhiteとFire)と日本語Kindle Store(+日本語eブック5万種)を立ち上げ

今では新製品発表時のお約束ともなっているAppleのビデオはすでにご覧になっただろうか。もちろん、新しいiPad miniのものだ。ミニ用のスマートカバーも登場する。まだご覧になってない方も「見て良かった」とおもわれることだろう。

また、製品自体に加えて、デザイン部門SVPのJony Iveが解説を行なっているのが本ビデオの肝だ。Apple製品の素晴らしさを人びとに伝える最適任者として、最近表舞台に立つことが多い人物だ。但し、今回はエッジの加工具合(diamond-cut chamfer)にまで言及しているのの少々驚いてしまいはした。

Iveの言葉で真に耳を傾けるべきは、「ミニ」を作るまでの過程についての部分だろう。

「ミニ」の開発にいたる手順が、まずオリジナルのiPadを持ってきて、そしてそこからいろいろなものを取り除いていくというものであったのなら、完成品は物足りなさを感じさせるものになってしまったことでしょう。サイズを小さくするだけでも何かを失ったような感じがするものなのです。そうではなく、私たちはデザインプロセスの初期段階からやり直したのです。オリジナルのiPadから何かを削るのではなく、集積化することで望むサイズを実現しようとしたのです。

ちなみに、もしまだチェックしていなければiPad miniとMacBook Proを触ってみた際のビデオがこちらにある。ぜひとも新登場プロダクトの魅力をご自身で確認してみて欲しい。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中