Google、Nexus 7に大容量版を追加。価格も下げて3G版も間もなくリリース

次の記事

血気にはやるAmazon、トップページでiPad miniに毒舌

nexus 7Nexus 7の魅力がひとつ増したようだ。ストレージを増したバージョンをリリースし、そして既存モデルの値下げを行うことがアナウンスされたのだ。本日より(訳注:今のところは米国内での話)16GBモデルが199ドルとなり、32GBモデルが249ドルということになる。また32GBの3Gモデルも$299ドルで提供されるようになるそうだ。こうした製品バリエーションを糧に、AppleのiPad miniなどと戦っていくことになるわけだ。

行われたリリースは、本来ニューヨークでの大規模発表会にて行われるはずだったものだ。しかしハリケーン「サンディ」が東海岸に接近することになり、発表会は中止ということになった。そこでGoogleは自社のブログにてNexus 4、Nexus 10、およびAndroid 4.2などのリリースをブログで公開することとしたようだ。

ちなみにNexus 7に物理的な変更点はない。従来同様にAsusによるデバイスで、これが少々安くなっただけだ。新たな3Gモデルの方はHSPA+ GSMネットワークで通信を行う(アメリカ国内ではAT&Tが回線を提供している)。

また、新たなAndroidも同時にアナウンスされた。まずはNexus 7で利用されることとなる。名前はこれまで同様にJelly Beanとなっているが、複数のユーザアカウントを利用することができたり、カメラインタフェースが一新していたり、そしてQuick Settingsの機能が搭載されている。またPhoto Sphereというパノラマ・カメラ、ジェスチャ入力、そしてワイヤレスHDTVストリーミングにも対応している。HDMIポートを搭載していないNexus 7を補う機能とも考えられるが、果たしてNexus 7でこの機能が利用できるのかどうかは不明だ。

3Gの32GBモデルは11月13日からの発売となる。アメリカ、イギリス、オーストラリア、フランス、ドイツ、スペイン、そしてカナダのGoogle Playストアで販売が開始される予定だ。16GBおよび32GBのWiFiモデルについては、間もなく小売店に並び始めることとなる(一部小売店では既に発売開始)。ちなみに3G 32GBのNexus 7はWiFi版16GB iPad miniよりも30ドル安く、また4G版と比較すると260ドルも安いことになる。ちょっと気になったので、数字を並べておいてみた。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中