子供専用タブレットのFuhu、日本市場進出に向けKDDIから500万ドルを調達

次の記事

Appleの北米モバイルウェブトラフィック、iPhone 5発売後に躍進

日本の通信会社KDDIが、同社のオープンイノベーションファンド最初の米国向け出資としてFuhuに500を万ドルを投資した。

ロサンゼルスに本社を置く同スタートアップは、さまざまな製品やサービスを提供してるが( FuhuがシリーズBでAcerから資金調達した時、本誌はFuhuを「アバター・スタートアップ」と呼んだ)、KDDIの関心を引いたのは、子供向けAndroidタブレットのnabi 2だ。

KDDIの増田和彦プロダクト企画本部長は、日本には子供向けコンテンツと教育用コンテンツをデジタル世界に移行する大きなチャンスがあり、彼のチームはnabiタブレットがそれを実現する最善の手段だと決断した、と私に言った。彼が特に感銘を受けたのは、子供が親しみやすいインターフェースとFuhuのさまざまなコンテンツプロバイダとの良好な関係だった。増田氏は、KDDIの顧客基盤(同社はauブランドで3500万人の携帯電話契約者を持つ日本で第2位の携帯電話会社)は、Fuhuの日本市場進出を大きく後押しするだろうと語った。しかし同社は、製品の日本バージョンあるいは発売日について詳細を明らかにしていない。

今年6000万ドルのオープンイノベーションファンドを立ち上げて以来、KDDIはすでに日本のスタートアップ4社に投資している(Tolot、Giftee、Social Lunch、およびJMTY)。増田氏は、米国にはさらに出資したい、特にここではテク業界が「トップスピード」で動いている、「日本の市場は保守的だ」と語った。

このためにKDDIは、昨年サンフランシスコに小さなオフィスを構え、提携および投資先の候補を探っていた。例えば昨日Twilioは、KDDIが同社初の海外ライセンスパートナーになると発表した。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)