Angry Birds

マッシュアップ版Angry Birdsの最新予告編が登場。R2-D2およびC-3POも「バード」になった

次の記事

iPad miniを待ちかまえている強敵: Nexus 7の月間売上台数が100万に接近

どうなんだろう。

RovioのリリースしたAngry Birdsのスター・ウォーズ・マッシュアップ版の話だ。最初の予告編にもあったが、スター・ウォーズのキャラクターが「トリ」になり、映画の中で見られたような特徴的アイテムを装備しているようだ。R2-D2には電気ショックがあり、C-3POはばらばらになる。そう、ばらばらになるといえば、スター・ウォーズ自体もブランドイメージがばらばらになってしまっているのではなかろうか。

まあスター・ウォーズには望みもある。ディズニーによる買収で、ブランドイメージの再構築に乗り出す可能性もある。ディズニーと言えば知財保護に熱心であり、たやすくライセンス供与を行わないことで知られている。スター・ウォーズの方は、ルーカス配下でライセンシングの代表的失敗例という地位にあったと思う。ブランドに対するあこがれなどはなくなり、人びとの思い出を破壊してしまいすらした。Taco BellsやMountain Dewの自動販売機に、スター・ウォーズのキャラクターが現れていないことが逆に驚きであったりするほどだ。

それはともかくとして。きっとゲーム自体は面白いものに仕上がっているのだろう。歴史上最高のモバイルゲームということになっても不思議はない。Rovioはスター・ウォーズの内容を十分活かしながら、それをAngry Birdsに取り込むことに成功している様子だ。但し、個人的にはダウンロードしないと思う。今ではどうにもスター・ウォーズのことが嫌いになってしまっているのだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)