TCTokyo : スタートアップバトル優勝チームはハードウェアプロダクトのWHILL

次の記事

優勝賞金100万円! — TechCrunch Tokyoスタートアップバトル全参加企業をご紹介

tctokyo_winner本日開催されているTechCrunch Tokyoのメインイベントであるスタートアップバトルの優勝チームがWHILLに決定した。優勝チームのWHILLには賞金100万円が贈られる。

WHILLは足が悪くて歩けない、遠くまで歩くのが辛い方のための乗り物だ。車イスやシニアカーは乗り物の中で唯一、乗っている人のステータスを下げてしまうという問題を解決するためのカッコ良く、また、操作性を考慮した電動車イスだ。ハードウェアの製品ということでTechCrunch Tokyoの審査員も迷った点があったものの、イモーショナルに訴えかけ、将来性のあるプロダクトであることから、WHILLを選んだ。whill

また、優秀賞にはCGアーティストのためのPhotoshopであるSparta、今回のイベントでブラチナスポンサーとして協力してくれたKDDIが選ぶKDDI賞にはvideogramが、ゴールドスポンサーとして協力してくれたPR TIMESが選ぶPR TIMES賞にはWHILLが選ばれた。

KDDI賞を受賞したvideogramを開発するCinemacraftにはiPad mini 64GB、PR TIMES賞を受賞したWHILLは6カ月間PR TIMESのサービスを無料で受けられる。

今回は残念ながら、選ばれなかったスタートアップはどれもレベルが高く、これからも期待ができるサービスやプロダクトを提供している。今後の活躍に期待したい。

なお、スタートアップバトルに参加したサービスの紹介はこちらの記事を参照いただきたい。