wyse
credant technologies
Citrix

Dellが企業顧客のBYOD周辺サービスに商機を見いだす–モバイルデータ保護のCredant Technologiesを買収

次の記事

Arduino基板の女性社長が今年を代表する起業家に選ばれる–まさにメーカー元年

dell

Dellが今日(米国時間12/18)、スマートフォンからサーバやクラウドへ送られる情報を暗号化して保護するCredant Technologiesを買収して、独自に自己機持ち込み(bring your own device, BYOD)市場に参入した。買収の価額等は公表されていない。

この買収によってモバイルデバイス管理の市場が、さらにまた整理統合へ向かうことになる。今月初めにはCitrixがZenpriseを買収し、企業が社員が持ち込むスマートフォンやiPadやそのほかのタブレットなどを管理する際の業務を助ける、各種のソフトウェアやサービスの、持つ価値が改めて浮き彫りになった。

Dellの今回の買収は、同社のエンタプライズソリューション事業の一環である。Wyseなどすでに同社にあるデバイス管理技術に、また一つ、パズルのピースが増えて加わったたことになる。Dellは今年初めに12億ドルでWyseを買収し、そのWyseがDell WorldカンファレンスでK3000を発表した。これは企業のITアドミンがモバイルデバイスやパーミッションを管理し、社員が使っているアプリをチェックし、必要に応じてデバイスをロックまたは強制的にoffにするためのツールだ。

今回の買収はDellによるSonicWallの買収も補完する。こちらは、ファイヤウォールの背後にある会社のデータに、社員の個人機からアクセスさせるユーティリティだから、Credant Technologiesの効用は大きい。Credantの競合相手は、Symantecや、EMCのRSA Securityユニットなどだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))