Powershot N
CES 2013
canon
Camera

Canon、CESでコンパクト・カメラの新シリーズを発表―Powershot Nは「上下左右がない」ユニークさ

次の記事

LEGO Mindstorms EV3:基本性能は大幅アップ。インテリジェントブロックによるロボットプログラミングの愉しみも大幅増

HR_N_WHITE_3QFRONT_CL

Canonはラスベガスで開催中のCES 2013でコンパクト・デジタルカメラ、Powershotの新シリーズを発表した。中でもPowershot Nは非常に薄いボディーにユニークな機能を満載している。このカメラには即時共有機能がビルトインされており、カメラ自体がInstagramの役割りを果たす。

Nは驚くほど小さい筐体にWi-Fi、フリップアップ・モニタ、8倍光学ズームが詰め込まれている。コンパクト・カメラの入門機に新しい分野を開くものといえるだろう。大型センサーを備えた高級機は別として入門機にこれほどの機能が盛り込まれているのは最近珍しい。2.8インチのタッチスクリーン・モニタと35mm換算で28-464mmの光学ズームレンズを備える。

Powershot Nのメーカー希望価格は299.99ドルで2013年4月に発売予定だ。ボディー・カラーは白と黒となっている。

〔日本版〕Powershot Nのユニークな点は「上下左右がない」構造にある。ズーム、シャッターともにレンズの周囲に設けられたリングを操作する。どのような方向で構えてもカメラはセンサーで上下を判断する。シャッターもリング状であるため、どの方向に構えても同一の操作系になる。たとえばフリップアップ式モニタを開いて頭上に構え、高いアングルから撮影しても自動的に正しい向きで画像が記録されるという。

HR_ELPH130IS_RED_KIT_CLCanonはその他にもPowershotに多数の新機種を投入した。ELPH 130 ISにもWi-Fiが内蔵されており、Canonのプリンタにカメラから直接出力できる。またAndroidやiOSアプリにも画像を送信できる。バッテリー駆動時間を延ばすエコモードを備え、価格は199.99ドルで2月から発売の予定。130 ISは28mmレンズと16メガピクセルのセンサーを備える。

HR_A2600_SILVER_KIT_CLPowershot A2600はやはり16メガピクセルのセンサー装備だが、レンズは5倍の光学ズームとなる。エコモードもあり、基本的に130 ISの廉価版で、149.99ドル。こちらも2月発売予定。

HR_A1400_BLACK_3QFRONT_CL-1Powershot A1400も16メガピクセルだが、光学ファインダーで乾電池を利用する。これは旅先では非常に便利だろう。価格は109.99ドルで2月発売。

このところコンパクト・カメラはスマートフォンのカメラに押されぎみだが、Canonの新製品がこの市場にユーザーをつなぎ止められるか、注目だ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中