AutoRip

AmazonのAutoRipサービスを早速試してみた―音楽CDを買うと自動的にクラウド版が提供される(日本にも展開予定)

次の記事

CES:フロアの雑踏から遠く離れて取材してみた―テレプレゼンス・ロボットDoubleの受注は順調

AutoRip_Banner_552x396

今日(米国時間1/10)、AmazonはAmazon AutoRipというサービスをローンチした。これはAmazonからCDを買うと自動的にMP3版がクラウド上で提供されるというもの。対象となるCDは現在5万枚程度だが、今後拡大される。また対象となる購入期間はAmazonのMusicStoreがオープンした1998まで遡る。

デジタル版はユーザーのAmazon Cloud Playerのアカウントから再生できる。これはGoogle MusicやAppleのiTunes Match、Rdioなどというサービスに対するAmazonの対抗措置だ。

対象となるアルバムは新リリースだけでなく、過去にも遡る。Amazonの国際デジタル音楽担当副社長のSteve Boomによれば、現在すでにAutoRipにはEMI(Universal傘下)、Sony、Warnerのメジャー3社と数百のインディー・レーベルが参加しているという。

Amazonの顧客はAutoRipを利用するために新たな登録等は一切必要ない。まだCloud PlayerをインストールしていないユーザーでもAmazonでCDを購入するだけで自動的に対象となる。同時に顧客には「デジタル版がCloud Playerから無料で再生できる」ことを通知するメールが送られる。

CloudPlayer_AutoRip_backfill

Cloud PlayerはKindle Fireを始め、iPhone、iPad、iPod touch、Roku、Sonos、SamsungのスマートTVとDVDプレイヤー、今週発表されたFordの自動車用AppLinkプラットフォームをサポートしている。

Amazonがこのサービスの対象としているのは過去十数年の間にAmazonからCDを購入したユーザーすべてだから、その数は膨大だ。Boomは「CDはAmazonが本以外の商品を扱った最初の例だ」と述べた。「1998年以来、われわれは何億枚ものCDを何千万という顧客に販売してきた。つまり大変な数の楽曲だ」と述べた。またBoomによれば、AmazonはAutoRipの最初の対象となるCDを選択するにあたって、その人気を考慮したという。 つまり5万枚という数は少ないように見えるが、AmazonのCD売上の相当の部分がカバーされているわけだ。

CloudPlayer_AutoRip_delivery

昨年7月、Amazonは既存のCloud DriveサービスからCloud Playerを独立させた。これはAmazonがGoogle MusicGoogle Driveから独立させたことに対抗したもので、Cloud Playerは無料版でも250曲までインポートが可能であり、しかもAmazonで購入した楽曲は250曲のうちにはカウントされない。Cloud PlayerPremiumの利用料金は年間24.99ドルで、25万曲まで保管できる。またオーディオのストリーミング品質も256kbpsにアップグレードされる。

この音楽マッチング・サービスは、GoogleやAppleの提供するユーザーの手持ちの楽曲をスキャンしてクラウドからストリーミングできるようにするサービスに似ている。AppleのiTunes Matchはやはり年間24.99ドル、256kbpsオーディオだ。Googleの無料版320kbpsのオーディオを提供する。.

実地テストしてみた

私はCloud Driveのユーザーだが、さっそくAutoRipを試してみた。AmazonでCDを購入すると、無料のMP3がサービスされるというメッセージがカートボタンの横に表示される。購入すると確認頁に移動するが、そこで「他のお勧めトラック」などの情報と共にGo to Cloud Playerという大きなグリーンのボタンが表示される。

autorip purchase

クリックするとAmazon Cloud Playerに移動し、最近購入した楽曲がバナーで大きく表示される(初回だけはAmazonアカウントでサインインしサービス提供約款に同意する必要がある)。

ポップアップ窓の黄色いボタンから即時再生が可能だ。またCloud Playerを通じてファイルをローカルのドライブにダウンロードすることもできる。

purchase added

AutoRipを最初に使うとき、Amazonは何曲か楽曲をサービスしてくれる。私はそれまでAmazonで自分のためにCDを買ったことが一度もないのだが、43曲が提供されているので驚いた。考えてみるとこれらは私がプレゼントとして他の人に贈ったものだった。

Amazon Cloud Player

Amazonは音楽のクラウド化を一歩進める努力中

最近メディアに登場する音楽関係の記事はもっぱらPandoraやSpotifyのような高度なストリーミング・サービスに関するものだが、 Boomは物理的CDの需要も根強いという。「アメリカの全音楽市場の依然として半分近くが物理的CDの売上によるものだ。アメリカ市場ではストリーミングなどのクラウドが物理的媒体を抜いたのはやっと2011年になってからだった。世界の多くの国では物理的媒体が70%から80%を占めている」という。ただしBoomはAmazonでのストリーミングと物理的媒体の売上比率については明らかにしなかった。

AmazonのAutoRip
は当面、アメリカ市場のみが対象だが、2013中にもイギリス、フランス、ドイツ、イタリー、スペイン、日本などに拡張されるという。

Cloud PlayerはApple、Google、Dropboxなどに対抗するため最近ますますAmazonが力を入れている一般ユーザー向けクラウド・サービスの新たな一例だ。すでに提供されているサービスにはオンライン・モバイル・アプリ・ストアからクラウド・ストレージのCloud Driveモバイル写真共有サービスのCloud Photosなどがある。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在382人フォロワーがいます。