かなり本格的なロボットが作れるレゴ・マインドストームEV3をこの目で見てみた!

次の記事

にせアプリ詐欺を防ぐためにAppleはスクリーンショットの変更を禁止

先日も紹介したレゴの新しいマインドストームを見ることができた。搭載されたコンピュータがモーターおよびサーボを制御する。つまりはレゴで作ったものが生を得て動き出すというわけだ。今回のマインドストームはこれまでのものと比べて大幅にアップデートされている。非常に面白そうで、私自身は父親の立場でありながら、きっと子供よりも夢中になるに違いないと感じている。夢中になってしまいそうだと感じている。

新しいマインドストームはLinuxがベースとなっており、接続性をも意識したものとなっている。iOSないしAndroidデバイスを使って、赤外線リモコンで動かすこともできる。WiFiおよびSDカードスロットを搭載していて、データ保存容量を簡単に増やすことができる。他にもIRセンサーやビーコンを搭載していて、外界とのインタラクティブ性を持たせることもできる。

しかし、昨今のコンピューティングデバイスと同様に、細かなスペックなどどうでも良い話かもしれない。触って嬉しいレゴを使って、見ても驚くロボットを作ることができるのだ。ファンにとって見ればこんな幸せなことはない。

2013年下期に発売予定だ。価格は349ドル99セントが予定されている。

原文へ

(翻訳:Maeda, H)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中