アプリ
kleverbeast
hatch labs
dinesh moorjani

コードを書けない人でもドラッグ&ドロップでアプリが作れてしまうKleverbeast, 公開ベータへ

次の記事

モバイルのカメラの画質向上でAppleが特許を出願–それは質よりも量優先?

Hatch LabsのCEOでファウンダのDinesh Moorjaniらが作ったKleverbeastは、プログラミング経験のない一般大衆でも、コンテンツの充実した美麗なアプリケーションをわずか数分で作れるというツールだ。それが今日から公開ベータを開始する。基本的にこのツールは、ユーザがビデオや画像などお好みのメディアをドラッグ&ドロップでレイアウトしていくことが、使い方の中心だ。

10〜15年前には、Webサイトはコードを書ける人やデベロッパを雇うお金のある人しか作れなかった。今日では、TumblrやWordPressのようなサイトを利用して、誰もが自分のWebサイトを作れる。

でも、アプリケーション(ここではとくにモバイルのアプリ)となると、そうはいかない。とくに、複雑でプロ級のアプリケーションを、しろうとが自分で作るのは無理だ。Moorjaniによると、今アプリケーションの開発をデベロッパたちに頼むと、そのコストは最低でも2万ドル、上は7桁(数百万ドル)まで軽くいく。

Kleverbeastはこの、一般大衆の接近を阻む壁をぶち壊すために、一から十まで完全に揃ったアプリケーション制作ツールを月額29ドルで提供する。しかも完成したアプリは、iPhone、iPad、Androidなど複数の主要なプラットホームで同時に展開できる。

ユーザが自分のアプリで利用できるメディアや機能は、写真、ビデオ、アニメーション、画像のイフェクト、ソーシャルメディアの統合など、何でもありだ。コンテンツのアップデートは、いつでもできる。また、完成したアプリはユーザが自分のモバイルデバイス上でテストできる。

実際の作例を見ていただこう: これこれこれ、そしてこれなんか。

Kleverbeastは自社のデザイナーたちが作ったテンプレートをたくさん提供しているし、それらはユーザが自由にカスタマイズできる。Moorjaniの構想では、今後は外部のデベロッパが自作のテンプレートを提供できるようにしたい、という。

このようなアプリ制作サービスはこのところ、Yapp EventsAppy Coupleなどの新顔が続々登場してにぎわっているが、Kleverbeastは対応プラットホームでも、またアプリのタイプでも、包容力が大きい。テンプレートは、ファッション、写真、アドバイス、デザイン、中小企業などなど、さまざまな業種業態をカバーしている。

Kleverbeastでアプリを作るのが、どれだけ簡単か。この記事の取材時に同社のチームは、わずか20分で私にアプリを作らせてくれた。下の画像は、そのホームページのスクリーンショットだ:

Jordan_1

このサービスは今日(米国時間2/14)から公開ベータだ。無料の、7日間試用サービスもある。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中