Google、Chromeブラウザーの警告を強化。悪質な拡張機能のインストールを阻止

次の記事

Twitterがツイート内容に連動するキーワード広告をローンチ

近くChromeは、ブラウザーの拡張機能の取扱いを変更する可能性のあるソフトウェアをダウンロードしようとするユーザーに警告を与えるようになる。具体的にこれは、ユーザーの知らない間に悪質な拡張機能がインストールされるようにするプログラムを監視する同社のセーフブラウジングシステムを強化するものだ。新機能は今後数日以内に配布される。

昨年12月、すでにGoogleは拡張機能のサイレントインストールをデフォルトで無効にしている。今日の発表によると、この保護機能を有効にすることによって「Chromeに明らかな性能改善が見られユーザー体験も改善される」。

新機能はこれを基点に、悪質な拡張機能がブラウザーに侵入するのを未然に防ごうとしている。

Googleによると、新機能は「Chromeが拡張機能を配布する標準的しくみを侵害するコードを識別し、そのコードがマルウェアである旨をユーザーに警告する」。これらの悪質な拡張機能の大半は、サイレントインストール・ブロッカーを回避しようとする。ひとたびここを通過するとユーザーは拡張機能のアンインストーラや無効化ができなくなる。コードはChromeの設定を操作してブラウザーがサイレント・インストールを再び許すように変更すると共に、付随する悪質な拡張機能ももちろんすぐにインストールしようとする、とGoogleは言っている。

「最新の対策」は、この種の悪質な拡張機能を検知してブロックするとGoogleは言っているが、方法の詳細は明らかにしていない。

warning

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)