Apple
io13

Google株、Google I/O初日に52週最高の915ドルで引ける。Apple再び下げる

次の記事

新しいビューティフルなGoogle Mapsをビデオで体験しよう

Googleの株価は今日(米国時間5/15)Google I/O初日に、52週間最高値の915ドルを記録した。一方Appleは、今日だけで15ポイント下げて428ドルで引けた。52週間最高値より277ポイント安。

今日の午前Googleの株価は、共同ファウンダーLarry Pageがステージに上った11:45頃、始値の895ドルから、909ドルへと急騰した。あるアナリストは上昇の理由を、Googleのストリーミングサービス“All Access”の発表、およびApple、HPといったハードウェアメーカーとの交代劇だろうと私に語った。

Google株とApple株の価格差は、テクノロジー界展望のバロメーターだ。Googleはデータの会社。Appleはデザインをより重視し、美しいデバイスを作る。

その違いはここGoogle I/Oでも明らかだ。Googleは、世界中どこの会社よりも多くのデータを扱うインフラストラクチャーを構築した。そしてこのデータを使い、今日の基調講演でハイライトされたサービスを提供する。Google Translate APIや次世代のGoogle Mapsなどだ。iPhoneはいつも変わずエレガントだ。本誌のJosh Constineが指摘するように、デバイスの美しさは、世界中がデータオブジェクトで構成されるようになるにつれ、重要でなくなっていく。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中