シリコンバレー独占から全国複数化へ向かうアメリカのイノベーション拠点

次の記事

モーションコントロール腕輪MYOがTwitter上で用途募集キャンペーン

シリコンバレーは、今でもイノベーションで世界をリードしているか? Gary Shapiroによれば、答はイエスだ。長年、Consumer Electronics Association(CEA, 消費者電子製品協会) のCEOで理事長、そして最新のベストセラーNinja Innovation: The 10 Killer Strategies of the World’s Most Successful Businesses(忍者イノベーション: 世界的な成功企業の経営極意10条)の著者であるShapiro…彼はデトロイトに住んでワシントンDCで仕事をしているが…はしかし、バレーの優勢が脆弱であることを忘れるな、と言う。まず、シリコンバレーは先行者の有利性の上にあぐらをかいている。第二に、アメリカだけでも今では新興のテクノロジセンターが数多くある。ナシュビル(テネシー州)、シャーロット(ノースカロライナ州)、オースチン(テキサス州)、それにニューヨーク市すら。いずれも、バレーに劣らぬ成功を収めている。そして第三に、Shapiroによると、カリフォルニアは税率が高いので、これからはますます起業家たちの起業拠点になりにくい。今はまだバレーがトップの忍者だが、それは今後長くは続かないだろう、と彼は言う。

しかしそれでは、毎年Consumer Electronics Show(CES)を主催するGary ShapiroとCEAにとって、シリコンバレーから学ぶものは何か? 忍者イノベーションの著者に尋ねてみた: スタートアップの起業家が来年1月のCESにぜひ行くべき理由があるとすれは、それは何か?

〔訳注: Ninjaとは、(1)決断と行動が素早い+(2)勇猛果敢大胆+(3)機敏で身軽(アジャイル)であること。〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))