Google等の企業は、Adblock Plusに料金を払って自社広告を通しているらしい

次の記事

低価格プラスチックiPhoneのビデオと写真がリークか?

もしあなたが広告収入に頼る会社で働いているなら、人々がAdblock Plusの使用について話しているのを聞くことは多くかもしれない。しかし、今やこれのないインターネットブラウジングは想像できない、と数百万人の消費者が考えている。Adblockはウェブサイト広告の殆どを阻止し、通常のウェブとは大きく異なる比較的クリーンな体験を提供する。

実は、これを通過できる広告もあり、少なくともGoogleは金を払ってそうしているとの報道が、最近Hacker Newsで大いに議論を呼んでいる。Adblock Plusには「許容広告」フィルターがあり、標準で一部の広告を許しており、同社はこのホワイトリストサービスで大企業から料金をとっていることを隠していない ― FAQにはっきり書かれている。

AdblockPlusによると、この料金は同社のフィルターリストを維持するためのもので、Googleなどの大手参加企業から料金を取っている他に、一部の中小ウェブサイトやブログを無料でホワイトリストに入れている。しかしこれを、Googleらがウェブ閲覧ユーザーに自社広告を見せる権利を買い、Adblock Plusはかなりの数の消費者へのアクセスを割り当てる門番役を演じている、と見ることも容易だ。これによってAdblockは大きな権力を得、Google等の払える企業は、払えない中小企業に対して大きな優位性を持つことになる。

Hacker Newsでは、議論はオンライン広告のメリット全般へと発展しており、Adblock Plusのホワイトリストを誰が買えて誰が買えないかの問題に関心のない人にも、非常に興味深く読める(ちなみにAdblockは「非侵入的広告」さえすべて遮断するオプションも提供している)。好むと好まざるとにかかわらず、バナー広告は今もウェブの通貨であり、これはオンライン広告がユーザー体験に与える影響を減らすために作られた会社であるAdblock Plusにとってさえ真実のようだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)