Appleの「M7」モーションセンサーは、iPhone 5sの隠し玉だ

次の記事

起業の契機は人びとの情報力の強化にあり, ExpediaやZillowを作ったRich Bartonが語る

Appleは先日の発表イベントの壇上で、iPhone 5sの隠された新兵器を見せた。しかしその真のインパクトは、サードパーティー・デベロッパーがフルに活用するようになるまで当分見ることはないだろう。私が言っているのは、M7モーション・プロセッサーのことで、移動や距離の検知を最小のバッテリー消費で行い、著しいインパクトのある新しい使い方を可能にする。

M7は、サードパーティーのサポートがなくてもiPhone 5sにとって大きな恩恵だ ― 例えば、iPhoneがいつ特定の機能を有効にするか、何かをスローダウンするかの管理を高度に行い、ネットワークの検出頻度を減らすことによってバッテリー消費を抑えられる。これらの仕事に関してだけでもメインのAシリーズプロセッサーよりも効率が良く、これだけでもバッテリーを節約できるため、M7はすでに内蔵バッテリーの能力を最大限まで引き上げている。即ち、これまで以上に通話時間が長くなる。

M7は、iPhone 5sの電源管理や効率を高める方法をAppleに提供するだけでなく、サードパーティー・デベロッパーがこれを活用することもできる。すぐにわかるのが健康関連センサー市場で、プレゼンテーションの中で紹介されたMoveやNike+などのソフトウェアはこれまで以上に効率よくiPhoneのセンサーを活用できるようになるだろう。

specs_processor_m7M7の内蔵は、誰もが別のデバイスを持ち歩くことなく、Fitbitなどと同様のセンサーを手に入れたことを意味している。Bluetoothで同期したり、概して小さいこの手の品物を失くす心配も、新たに何かを腕に巻く必要もなくなる。そして、M7のCoreMotion APIはあらゆるデベロッパーに開放されているので、事実上全ユーザーが非常に強力なモーション・トラッキング装置を持ち歩いていることになり、その可能性を制限するのはデベロッパーの想像力だけだ。

よって将来は、ジェスチャー制御によるゲームや(iPhoneが、Apple TVに映し出されるタイトルをAirPlay経由でコントロールするところを想像してほしい)、フィットネス・トラッカー、さらにはCoreMotionを使ってバッテリー消費を最小限にしたり、使用する場所と時間によって機能を変えるなど、モーションセンサーを使った様々なアプリを見られるようになるだろう。例えば、自宅にいる時と外出中とで全く異なるモードを提供するアプリが考えられる。

AppleのiPhone 5sは、その変更部分の多くが真の革新的技術進歩である注目すべきアップグレードだ。指紋センサー、カメラ、M7等、いずれもそれ自体が印象深い技術的偉業だ。しかし特にM7に関しては、それがどれほど大きな世代交替であるかを一般ユーザーが気付くのは、今後提供されるであろう新しいソフトウェア体験が、何が大きく変わったかを徐々に明らかにした時だろう。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在400人フォロワーがいます。