世界にはインターネット料金が月収の30%という国がある。Googleは力になろうとしている

次の記事

MicrosoftがAzureの合衆国政府専用インスタンスを発表, 次期CEOに関する質問には答えず

世界にはインターネットアクセスが驚くほど高価な地域がある。国際電気通信連合の推定によると、途上国では固定ブロードバンドの料金が平均月収の30%に上る[PDF]。これを何とかすべく、Google、Facebook、USAIDをはじめ数々の一流テク企業が団結して、世界中でインターネットを手の届く価格にしようとしている。新たに立ち上げられた、Alliance for Affordable Internet(A4AI、低価格インターネット・アライアンス) は、世界中インターネット利用料金を月収の5%以下にするという国連目標の達成を目指している。

Mark ZuckerbergのインターネットアクセスNPO、Internet.orgと異なり、A4AIは「帯域の革新的割当て、基盤共有の推進、および規制決定の透明性と一般参加の推進等、ポリシー主導のソリューションに焦点を合わせる。

ITUによると、現在約27億人がインターネットを利用している。アライアンスの詳細はGoogleのブログで読むことができる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中